■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=32307&year=2009&month=3
■2009年3月の書き込み
書き込み数は9件です。
2009年03月30日(月) 
 還付金が振り込まれていました。還付金は徴収された税金の三分の二ほどあります。タップリ還ってくるのはありがたいのですが、やや釈然としない。お前ならもっと稼ぐと思って徴収を始めたが、これポッチの収入では取りすぎだから返してやるよ…と見下された感じ。クレームを付けるわけにもいきませんが。

収入だけが目当てで仕事をしている訳でもなし、日本は先進国の筈なのに年齢差別のある国ですからね。

3月3日の夜というか4日の早朝だかにオンラインで決算書・申告書提出。18日に還付。能率はよくなりましたね。

毎年のことですが、期限の3週間程まえになって、1年分の

閲覧数376 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/03/30 00:33
公開範囲外部公開
2009年03月26日(木) 
日本は法治国家ですから、不正競争防止法違反(誤認惹起<じゃっき>表示)の罪に問われたのは当然と思われる。

しかし裁判官の「食の安全に対する信頼を揺るがせ、飛騨牛のブランドイメージの低下で同業者にも多大の悪影響を与えた」は不可解。

ニュースを読んだ記憶の範囲では、安全性との関係はなかった筈。
また道理で飛騨牛にしては味がよくなかったとの話しや、飛騨牛の売れ行きが落ちた…との話しも聞かない(偽装ニュースが広まってからは対象となった贈答用は少し落ち込んだようだがこれはマスコミの所為)。

ニュースにはならなくても、販売量の低下のデータや、

閲覧数361 カテゴリ日記 コメント9 投稿日時2009/03/26 00:01
公開範囲外部公開
2009年03月22日(日) 
 先週、家内の伯母が亡くなりました。 94 歳でした。

 認知症にはなっていなかったが大分前から動けなくなっていたそうです。誰かに会いたいか…と聞いたら、死んでお父さん(亭主のこと)に合いたいとか。40歳位で夫を亡くしたそうです。死後に楽しみを持っている彼女を私は羨ましいな…と思います。

私は目下死後の世界の存在(実在)を信じていません。従って、あの世に行けば、先に逝った人に会えるとは思えません。

死後に期待はありません。もし現世において苦痛を感じているなら、それから開放される喜びがあるだけです。楽しく生きている間は死にたくはない筈です

閲覧数391 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2009/03/22 10:50
公開範囲外部公開
2009年03月21日(土) 
スキー場探しではありません。私は雪景色大好き人間であり、年に1度は雪見旅行に行って雪道ドライブをやりたいのです。本当は雪山に登りたいのですが…。

2月の白川郷はスノータイヤを履いている意味がない状況でガッカリでしたが、3月の北海道では前が見えない地吹雪の襲われ、またガリガリつるつるのドライブも満足でした。

景色の方も晴れが夕方と早朝に1回ずつあって、効率はよくないが、まずまずでした。

写真は毎年同じ所をウロウロしていますので変わり映えなしです。

下の写真の林も毎年撮っていますが、そのたびに雰囲気が異なっています。この林が見る場所は撮影

閲覧数325 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/03/21 10:45
公開範囲外部公開
2009年03月21日(土) 

3月の北海道旅行は雪を堪能できました。

天気はあまりよくなかったので、写真にはやや不満があります。大雪山旭岳に登れなかったこと、十勝岳が見えなかったのが残念です。

いつも美瑛には行きますので、同じ対象が何度もでてきますが…。

湧駒別川にかかる美峡橋からの風景です。この時に少しだけ日がさしました。ここから旭岳ロー

閲覧数350 カテゴリアルバム コメント6 投稿日時2009/03/21 10:22
公開範囲外部公開
2009年03月17日(火) 
この年になって私も罹ったのかも知れません。ここ2週間ほど涙目で、1週間ほど前から鼻詰まり。

寄生虫の排泄物には花粉症などのアレルギーを防ぐタンパク質が含まれていると聞きました。寄生虫を取り込むにはどうすればいのだろう。最近は畠を歩いても肥だめを見なくなったし、もしあってももう寄生虫の卵はないだろう。

東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授はおなかにサナダムシを飼っているとか。きよみちゃんとか名付けていたっけ。もう2代目に変わったかも知れない。頼めばお裾分けを頂けるかしら。1匹しかいなければだめだな。そうか、名誉教授のうんちには卵が入って

閲覧数324 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2009/03/17 22:54
公開範囲外部公開
2009年03月15日(日) 
チベット旅行をしたい。かねての念願です。しかし警官や兵隊の目を恐れた僧侶達など見たくもない。ダライ・ラマが亡命する前に行っておけばよかった。
チベット人の幸せを憂うよりも自己中心的な発言ですが。

1950年の人民解放軍(何を開放する軍隊なのでしょうね)がチベット侵攻を始めた時は私は高校1年生故に無理だったしょうが、ダライラマがチベット脱出した1959年はもう社会人だったので、その気になれば行けたかも知れません。しかしあちこちでチベット人が蜂起していたので、本来の平和なチベットではもうなくなっていたでしょうね。

昨日はチベット騒乱1年。去年の騒

閲覧数352 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/03/15 16:27
公開範囲外部公開
2009年03月12日(木) 
望んだわけではないのですが、夜の地吹雪の中の盲目ドライブを体験しました。

右から強くゴウゴウと吹く風で車は大きく揺れっぱなし。風が弱い時は、除雪時に積み上げた道端の雪の壁の所々に紅白縞模様の棒が突き立ててあるのが車のライトに照らされて見えて道の端の判断ができますが、風が強くなると前の窓の外は真っ白の雪の流れが窓を覆って棒も道も全く見えない。風上側の右の窓もほとんど見えない。

 家内が右に寄りすぎているようよ…と叫ぶ。慌てて車を停めて、右窓から下をみると、そこは小さい橋の上で雪の山が切れていて、橋の右端すれすれなのがかすかに見える

閲覧数380 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2009/03/12 00:39
公開範囲外部公開
2009年03月04日(水) 
与野党の国会議員で違法の疑いを掛けられた方々は、国会もしくは記者会見で違法でないことを強調される。なぜ嫌疑を掛けられたのか理解に苦しむ……とおっしゃる。

過去において最後には刑事処分を受けた人々もそうであった。

我々は当事者の意見や判断を聞きたい訳ではない。我々が自分で判断したり意見を纏めたりできるような事実関係を知りたいのだ。それを説明してほしのだ。本人が強調した意見を私が正しいと考えるか、おかしいと反論するか、その判断の根拠を丁寧に述べることが説明である。違法はないと強調するだけでは何の説明にもならない。聞かなくても正当だ

閲覧数377 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2009/03/04 23:09
公開範囲外部公開
■プロフィール
コッチさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 12月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み