■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=32307&year=2011&month=10
■2011年10月の書き込み
書き込み数は14件です。 [ 1 2 ]
2011年10月29日(土) 
   美しい空を見上げながら歩きたい。しかし我が家の前の道で空を見上げると、こんなものが視野を妨げます。

    
   上を見たくなくなりますね。



   バブルがはじける前、我が町内会にも都市計画が持ち上がりました。町内会関係は専ら家内の担当でしたが、都市計画は私が担当し、頻繁に打ち合わせに出ました。その中で、共同側溝を掘って電線等を地中に埋めることを私は主張しましたが、費用が高くつく…として取り上げて貰えませんでした。バブルがはじけて、結局計画は実行されず、電柱撤去も議論する場がなくなりました。

   電気や通信信号など全て

閲覧数189 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2011/10/29 01:01
公開範囲外部公開
2011年10月26日(水) 
「…いらっしゃると思っておりました」

質屋の女は、あいかわらずの姿で、そこにいた。
私は彼女の顔を見るやいなや、思いの丈を叫んだ。

「娘を…。娘を幸せにしてやりたい…!
たとえ30才までだって、構わない…!
好きな男と結婚し、幸せに過ごす。
最後にそれくらい、味わう時間を、作ってやりたいんだ…!」

私は、娘に妻の姿を重ねていた。

同じ病気のせいで、妻は娘を産んで、すぐに死んだ。
私はおそらく、妻を幸せにしてやれなかった。

だからこそ、せめて娘を幸せにしてやりたい。

そのことに、今気がついたのだ。

女はそれを聞き、静かにうなずいた。

「それでは

閲覧数259 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2011/10/26 09:56
公開範囲外部公開
2011年10月26日(水) 
しばらくして、娘は退院した。
医師によると「病気の進行が、ストップしている」のだそうだ。

完治といえるわけではないが、病状に変化がないため、
「もしまた症状が進行するようなら、もう一度来てほしい」
と言われ、いったん退院となったのだ。

娘は今までとまったく変わらない生活をし、成長していった。

娘は、病気のことは知らない。
ただ「ちょっと具合が悪くなったから入院した」としか考えていない。

それでいい。
娘が苦しむ必要はない。

苦しむのは、私だけでいいんだ。

◆ 

しかし私には、予想外のことがあった。

味覚を失うこと。
それは想像より、ずっと苦

閲覧数168 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2011/10/26 09:52
公開範囲外部公開
2011年10月26日(水) 
   先週、ある高僧の般若心経の解説を拝聴する機会がありました。

   その中で、「慈悲」の説明に「五感の質屋」というお話をされました。高僧のお話は時間的な余裕もあまりなかったので簡潔に話されましたが、思わず涙が出そうになりました。ウェッブで探したらあちこちにアップされていました。

   長すぎるようにも思いますが、上手に縮めるのも面倒なので、コピペします。お茶っ人規定の1000文字以内に収まらないので三部に分けます      

……………………………
「娘さんの命は、永くないでしょう」。
その言葉が、心に突き刺さった。

私には、

閲覧数189 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2011/10/26 09:43
公開範囲外部公開
2011年10月25日(火) 
   113頁から。これは事実だろうと思います。しかし水力発電と較べればよく判りませんが、火力発電よりは遙に放出量は少ない筈です。

   確かにコンクリートや鋼鉄は製造時に熱を必要とするので大量に二酸化炭素放出をします。しかし、水力発電のダムは小出氏が原発について述べている鉄筋コンクリートの塊です。発電KW/h当たりのコンクリートの割合の原発と水力発電の違いは知りません。

   都会を歩いてみれば鉄筋コンクリートの建物は非常に多い。原発やダムに用いられるセメントは全体の万分の一か億分の一にもならないと思われます。原発の温暖化ガスの発生

閲覧数185 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2011/10/25 00:03
公開範囲外部公開
2011年10月23日(日) 
   原発の事故の怖さは今回の福島原発事故でよく判りました。しかし、水力発電や火力発電の事故も結構怖そうです。どちらが危険なのでしょう。

   確たる証拠もないままに、世の中の大勢の意見や声の大きな人の意見に従う…なんてことは絶対にしたくはない。自分で決めるまでは私は白紙でいたい。

   もう新設は国際的に禁止されているらしい石油発電、その石油タンクが地震や津波でひっくり返されて毀れたり、配管が抜けたりすれば、海面を石油が覆い、それがメラメラ(?、ゴウゴウと?)と燃えるのでしょうね。大阪湾沿岸にある石油タンクが全部漏れたら大阪湾

閲覧数400 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2011/10/23 00:46
公開範囲外部公開
2011年10月19日(水) 

   言葉の貧困さを表す代表のような…。言葉をそのまま解釈すると、ファインダー用の鏡を使用しない、レンズが1個のカメラ。一眼レフ・二眼レフ以外のすべてのカメラを包含してしまい、意味のない分類のように思える。もう実質的に二眼レフは存在しないから、多分1桁%しか存在しない一眼レフ以外のすべてを含んでしまう。



   かってはすべてのカメラがそうであった。ライカや私の若い頃の憧れであった(今でも? しかし年寄りには重そう。)リンホフテヒニカやスピードグラフィックもミラーレス一眼である。安価な普及版コンデジも鏡がなくレンズが1個だか


閲覧数258 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2011/10/19 00:52
公開範囲外部公開
2011年10月16日(日) 
   111~113頁に記載されています。
   これは電気事業連合会が2003年12月に発表し、あちこちで引用されている試算(http://www.nuketext.org/yasui_cost.html#cost )に対して云えばそんに安くはない…とは云えますね。

   その証拠として小出氏は立命館大の大島堅一氏の2010.09月発表のデータを引用しています。

   大島堅一氏は現在のコストの見直しを提案し、電源別のデータが存在しないので、ある試みとして各種の資料からデータを作成し、ある試算として提出したものです。火力、水力と比較されているだけで、太陽光、風力は含まれていない。そうしてこの試算に使用した源デー

閲覧数338 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2011/10/16 00:44
公開範囲外部公開
2011年10月13日(木) 
   ギリシャ国債のデフォルトが心配されています。各国が独立通貨を持っていれば、通貨の価値が低下して国が勝手に滅びるだけ…とも云えますが、ギリシャにお金を貸している国や銀行はお金が返ってこないことになりますし、さらにはユーロを共通通貨とするユーロ圏にとってはユーロの価値が低下し、圏外からの資金が引き揚げられるので、経済的に苦しくなり、大きな問題です。

   放漫経済で国民に大盤振る舞いをやって苦況に陥ったギリシャ。勤勉と倹約で豊かになっているドイツがそれを救おうとしている。

  …………………
公的年金の所得代替率
ギリ

閲覧数251 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2011/10/13 01:02
公開範囲外部公開
2011年10月11日(火) 
   初めて韓国映画を見ました。昨日午後、ふとTVのスイッチを入れたら、のんびりした朝鮮田舎風景。何となく引きつけられてそのまま見ていました。朝鮮戦争当時で、村に居着いた北鮮兵・韓国兵・米国兵が米軍機の空襲から村を救う…という話し。

   135分番組の最後の40分ほど見ただけでは全容は不明。そこで探索。


   戦争とは無縁の村で出会った敵対する6人の兵士たちと、村人たちとの心の交流を通して、争うことの無意味さをファンタジックに描いたヒューマン・ドラマ。朝鮮戦争さなか、「子供のように気ままな村」と呼ばれる村、トンマッコルに迷い込んだ韓国

閲覧数196 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2011/10/11 10:54
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
コッチさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 06月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み