■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=32307&year=2016&month=1
■2016年1月の書き込み
書き込み数は9件です。
2016年01月31日(日) 

   高峰高原(浅間山の西)にある池の平湿原の写真です。2002年夏の旅でした。   

 

   標高2061米にある駐車場から標高2000米ほどの間に広がっています。

 

   前にアップそた鬼怒沼はどちらかといえば空に対して凸の湿原でしたが、池ノ平湿原は空に対して凹の湿原です。池はどん底にあります。http://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1190500

 

   周りを一周する歩道が設けられています。マツムシ草が咲いていました、ピントが甘いのが残念ですが。

 

[地図情報有り]
閲覧数347 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2016/01/31 00:31
公開範囲外部公開
2016年01月26日(火) 

   為政者が不当な献金を受けとることは追求・処罰に値する。

 

   しかし週刊誌が、そのようなことがあった…との記事を書いただけで、それをネタにして紛糾させて国会の審議を遅らせる…など、週刊誌にのせられてしまうとは情けない。追求は週刊誌の記事に対するウラをとってからにして欲しい。

 

   もし国会議員とはその程度のものでしかいことを是認するのなら、記事内容が事実であることが立証されなければ、該当者が名誉毀損で訴えるかどうかは該当


閲覧数524 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/01/26 14:46
公開範囲外部公開
2016年01月24日(日) 

   19日の日経新聞に「不識塾」が出した広告がありました。

 

   そこに「不識塾」塾長の仲谷巌 一橋大学名誉教授の下記の文が出ていました。

 

   『先般「不識塾」塾生と、英国の民主主義がなぜ先進的なのかを探るため、英国議会を訪問しました。結論は「直接民意を反映しない貴族院の存在が大きい」というものでした。何でも「民意によらなければ民主主義でない」思い込んでいた私たちには大変な衝撃でした。民意の暴走を止めるための「良識」という重石が必


閲覧数491 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/01/24 09:31
公開範囲外部公開
2016年01月19日(火) 

   私はこの27年程、かっての職場に近いジムに通っています。職場からは車で10分程の距離でしたが、今は家からは30分ほどかかります。

 

   1年半ほど前からは酸素ボンベを担いで行っています。

 

   酸素吸入をしていても駐車場からロッカーまで歩くのに途中で1~2回休みが必要です。30分程の各種マッサージの間は酸素吸入は止めますが、運動中は運動の激しさによって酸素流量を変更しながら、吸入は続けています。

 

   私


閲覧数583 カテゴリ日記 コメント12 投稿日時2016/01/19 00:32
公開範囲外部公開
2016年01月15日(金) 

   この1月13日、『帝国の慰安婦』を執筆した朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授に対し彼女の著作の一部が慰安婦被害者の名誉を傷つけた…との理由でソウル東部地裁が9,000万ウオン(約885万円)の支払いを命じたそうです。

 

   私は報道を見ただけです(判決文を読めるわけがない)ので、断定的なことは言えませんが、やはり韓国の裁判は変です。

 

   『判決は、1993年の河野官房長官談話(河野談話)[註1]や、1996年の国連人権委員会の「クマラスワミ報告」などを


閲覧数292 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2016/01/15 08:59
公開範囲外部公開
2016年01月11日(月) 

   自然の風景って心やすらぐものが多いですが、池塘・湿原の雰囲気に独特の安らぎを私は感じています。昔、北海道は黒岳から旭岳を縦走した時に、南方に開けた高根ヶ原から平ヶ岳付近のゆったりした池塘群(東側は急激に落ち込んでいますが)の尾根を、池塘から池塘へ…と辿ってみたい…と強く思いましたが、果たさずに終わりました。

 

   あちらこちらに行きました。最も有名なのは尾瀬でしょうが、あまり行く人のいない鬼怒沼をご紹介します。

 

   2001


[地図情報有り]
閲覧数626 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2016/01/11 09:09
公開範囲外部公開
2016年01月07日(木) 

   別にめずらしいことでもないでしょうが。
(少しサバを読みました。81歳になるのはもう10日ほど後、阪神大震災の日です。)

 

   私にとっては自分で車で出かけることができるかどうかは重要問題です。生活の自立性に大きく反映します。加齢とともに必要性が増しています。家内やタクシー任せになると落ち込み生活に陥るでしょう(バス停まで歩ければ問題ないのですが)。運転さえ出来れば車椅子生活に入っても何とかなりそうです。

   

閲覧数610 カテゴリ日記 コメント12 投稿日時2016/01/07 14:40
公開範囲外部公開
2016年01月04日(月) 

    大晦日、我が家に家族全員が大集合しました。静岡に住む長女家族4人、近くに住む長男家族4人、札幌に住む次男家族4人。爺婆入れて14人。孫は年長組2人、小二2人・高一・大二・各1人の計6人です。

 

   これだけ集めると食事時のまあ賑やかなこと。おしゃべりすると息が苦しくなる爺は隅っこ1人静かにチビリチビリと飲んでいました。テキトーな時間に引き上げて自室の籠もります。やがてコーヒー飲む?との呼び出しがあり、また喧噪の中へ。

 

   次男家族は我が


閲覧数572 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2016/01/04 06:31
公開範囲外部公開
2016年01月01日(金) 


閲覧数604 カテゴリ日記 コメント14 投稿日時2016/01/01 00:29
公開範囲外部公開
■プロフィール
コッチさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み