■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1196948
2017年09月12日(火) 
闘病記

昨日シャワーの許可が下りました。
スタッフがどうします?と聞いてきたので15時をお願いしました。

時間前になると酸素ボンベのついた車椅子で迎えに来てくれます。

着替え、タオル、洗剤は持っていつてくれます。

スタッフは二人いて、患者は呼吸に専念していてください。

スタッフが立って…とか、座って…とか云った時呼吸が整い次第立つたり座ったりしてくれればいい…とのこと。

かくして頭のてっぺんからつま先まで完全に洗っていただきました。

快適で感激しました。

閲覧数77 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2017/09/12 06:32
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/09/12 12:34
    よかったですね~。
    体も心もすっきりですね。

    母もボンベしながら看護師さんと息を合わせてシャワーさせてもらってました。
    立てなくなった晩年はお風呂屋さんの出前で~。
    寝ながらでも入れる優れもんでお世話になりました。
    次項有
  • 2017/09/13 08:55
    鉛筆コッチさん
    > よっちゃんさん
    サッパリしましたね。

    病院のはサ-ビスだと思いますよ。

    シャワーの許可が出ていない時は蒸しタオルで全身を拭いてくれます。
    施設のお風呂はシヨウトステイて゛入る場合は兎も角、風呂の出前は高いのではないでしようか。
    次項有
  • 2017/09/13 09:03
    鉛筆コッチさん
    > こはたノたかしさん

    少しずつ生活が日常的なものにもどて行くのは嬉しいですね。
    次項有
  • 2017/09/14 15:36
    MIYUさん
     病気やケガが一段落して洗髪や入浴が許されるともうそれだけですごく元気が出ますね。時には治療以上だと思います。病む身には。

     母は入院中入浴日に異性の看護師に介助されるのを辛がって宇治に住む私の帰省を懇願してきました。医師の診断治療なら異性であろうが気にしていなかったのにね。父は介助が異性であろうが同性であろうが全然気にしていなかったようですが。
    次項有
  • 2017/09/14 17:07
    鉛筆コッチさん
    > MIYUさん

    確かに治療よりはシャワーなどの方が回復が早いかも知れませんね。

    私の場合シャワーをやつてもらった日の夜は調子はよくなかつたです。
    疲れたのか無関係なのかは判りませんが。


    私は介護者は異性、同性はどちらであろと全く気になりません。

    ただ尿瓶を使う時に家内がいると出て行ってもらいます。夫婦でもちょっと恥ずかしい。
    次項有
  • 2017/09/14 21:26
    お風呂の出前(入浴サービス)は在宅看護で使用しました。
    介護保険がつかえたので1回2000円でした。
    ありがたいサービスメニューです。
    次項有
  • 2017/09/15 01:07
    鉛筆コッチさん
    > よっちゃんさん
    情報をありがとうございます。

    私も介護保険が使えますが、安価ですね。

    今回の入院の前まではシャンプー以外は自分でやつていましたが時々頼もうかしら。

    実にに気楽です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
コッチさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 09月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み