■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1197473
2017年11月12日(日) 
11/10金曜日
城陽に住む友人から誘われて久しぶりに文化パルク城陽のプラネタリウムに行って来ました。
「高松塚古墳とキトラ古墳、そして星」というタイトルでプラネタリウムに古代の壁画を投影する講演会でした。
どちらの古墳にも天井に天文図が描かれています。
キトラ古墳の天文図には星350星座74座が描かれており、星には金箔が貼ってあります。
有力な学説によると西暦300年+-90年頃に北緯33.9度+-0.7度の位置(中国の長安、洛陽が同じ緯度にある)で製作されたという。
描かれている星の位置から計算していつどこで観測された天文図であるか推し量ることが出来るとのことです。この二つの古墳はともに飛鳥時代に造られたものであり、その頃、未だ日本では天文観測は行われておらず中国の天文図が伝来してそのまま描かれたとの結論でした。

上向きに寝て天井を眺めているとだんだん眠くなって来ました。
隣を見ると友人はもう夢の世界に入っているようです。

司会者の次回11/2315:00~「熟睡プラ寝たリウム 朗読とエレクトーンの演奏であなたを眠らせます」というプログラムがあります、是非お越しください。という声が聞こえて来ました。
今日はお先に「プラ寝たリウム」してしまったようです。

閲覧数34 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/11/12 15:33
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/11/12 19:21
    mamedaさん
    私もプラ寝たリウムの経験があり今でも孫たちにいじめられています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ニーハオさん
[一言]
一生勉強一生青春
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み