1,489万kW/2,043万kW (06/23 20:25)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1198635
2018年03月13日(火) 
ようやく春を感じるようになった午前、イズミヤ歩道横で3つ咲いているのをみつけました。ところで、皆さんは「念ずれば花ひらく」の言葉をご存知の人が多いと思います。そう、詩人の坂村真民さんです。真民さんが最も好きで強い花の「神様の手紙」として作品の中にタンポポが登場します。真民さんは詩人活動の他に全国の悩める人で返信用封筒を送ってきた詩縁の人2000余に毎月無料で20年以上続けられました。『詩国』というB4の新聞に詩25編と随筆が掲載されていました。真民さんは毎朝午前3時に起床し、神様に感謝し、作詩されるのが日課でした。私は昭和59年1月、たまたま教育テレビの『宗教の時間』を見て悩める重度障害者として手紙と1年分の封筒を送り詩縁ができ、辞退する4年続きました。今でも知恩院に「念ずれば花ひらく塔」が建立された時真民さんと写した写真が大切に残っています。
閲覧数213 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2018/03/13 18:15
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/03/14 07:28
    CONTAXさん
    こはたのたかしさん、
    いい言葉ですね。
    うちのカレンダーにもありました。
    次項有
  • 2018/03/14 09:23
    kata0133さん
    真民さんの詩、癒され力になりますね。詩集を買った事が有ります。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み