1,344万kW/1,683万kW (05/16 21:00)
79%
山城・今日この頃 記事アップ用 - トピック返信
久御山町 東一口(ひがしいもあらい)
2021年03月24日 09:03
東一口は久御山町の北部の、かつては宇治川、木津川、桂川が流入する巨椋池の入り口に位置している。
集落は東西に細長く(東西1km、南北100m程)南北を古川、前川(巨椋池排水幹線)が流れ、かつての島あるいは大池堤の名残を想起させられる。

古くは漁村として、周辺三か郷(小倉村、弾正町、三栖村)と連帯して、漁業権を持って巨椋池周辺の漁業を独占してたと云う。
江戸時代(1788年)には、東一口村の与惣右衛門が四か郷を統括する役につき、山田という「苗字」、「帯刀」を賜った由。
また山田家は御牧郷十三か村をまとめた大庄屋でもあったと云う。

その「旧山田家住宅」が集落の中ほどにある。
平成22年に長屋門・長塀・主屋が国の登録有形文化財建造物に登録されています。
(建築年代は江戸時代後期(18世紀末~19世紀初頭頃)と推測されている。)
 ・開館日:毎月の第1木曜日、第2土曜日、第3日曜日 時間:9:00~正午
 ・問合せ先:久御山町教育委員会社会教育課

集落の北側の前川堤は以前から桜の名所ですが、10年ほど前に水路改修した際に一部が若木に植え替えられました。
写真は23日に撮ったものですが、若木が先行して三分咲きくらいでしょうか。

(参考資料:久御山町史、旧山田家住宅パンフレット)
(写真)長屋門、式台を備えた主屋玄関、前川堤の桜並木

浮き雲

書き込みツリー表示