1,888万kW/2,184万kW (09/24 12:10)
86%
山城・今日この頃 記事アップ用の「コロナ禍で「田原三社祭 居祭」になりました」
「コロナ禍で「田原三社祭 居祭」になりました」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
コロナ禍で「田原三社祭 居祭」になりました
【閲覧数】36
2020年09月03日 10:18
わたしは宇治田原町に住まいをしています。
 宇治田原町一帯について、文献上はじめて登場するのは、10世紀中期に書かれた「和名抄」の「田原郷」の記載です。集落は、奈良盆地から近江へと抜ける古道沿いにありました。この古道は、現在の国道307号線、及び府道宇治田原大石東線とほぼ重なります。奈良・平安時代には金胎寺(現和束町内)、湯原寺、医王寺等多くの寺院が建立され、仏教修学のための拠点の様相を呈していました。名刹禅定寺も991年に創建されています。
 しかし、近世に入ると、世の争乱の影響から多くの寺院が荒廃、廃絶し、禅定寺もその寺領を失い、相当衰退しました。なお、鎌倉期に茶の生産方法がこの地に伝えられています。
 江戸時代に入ると、一旦幕府直轄領となったのち、宮廷の禁裏御料となり、栗や松茸等を多く産出し、上方の副食物類の主産地となりました。御料林の名残は、現在も御林山一帯の町有林として残っています。集落は安定期を迎え、1680年には、禅定寺が、曹洞宗の僧月舟によって再興されました。
 また、1738年湯屋谷の茶農永谷宗円が「青製煎茶法」を考案したことで、茶の大衆化が進んだ、と同時に、「宇治の煎茶」の名は全国に広がっていったことは有名な話であり、それが現在も宇治田原が日本緑茶発祥の地と呼ばれる所以であります。
 明治維新後は、京都府管轄下となり、戦後、1956年に田原村と宇治田原村が合併して現在の宇治田原町が誕生しました。

長い歴史を誇るわが町では、毎年、秋祭りとして「田原三社祭」が盛大に行われ地ますが、今年は、コロナ禍で『居祭』となってしまいました。

http://www.town.ujitawara.kyoto.jp/sightseeing/walk…awara.html

昨年の神輿渡御の模様です。

返信書き込みはありません。