1,871万kW/2,952万kW (08/05 22:00)
63%
山城・今日この頃 記事アップ用のトピック一覧
山城・今日この頃 記事アップ用に登録されているトピック一覧です。
トピック数は116件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 12 ]
[ 最新投稿順 ] [ 作成日順] [ 投稿者順 ] [ 閲覧数順 ]
2020年07月30日 01:56
最新投稿:20年07月30日 01:56
 宇治川の鵜飼は、平安時代にはすでに行われていたと言われています。天禄2年(971)奈良の長谷寺に参詣した藤原の道綱の母は、その往復に宇治を過ぎて、川岸から鵜飼を見物しています。彼女が残した「蜻蛉日記では」、川幅一杯に数え切れぬほどの鵜舟が出て、それぞれにかがり火を焚き舟べりをたたいて、夜通し鮎を捕りつづけている様子が興味深く書き留められています。
平安時代の後期になると仏教の教えの影響をうけて次第に…
梅雨明けも近いかな! (0)
【閲覧数】48
2020年07月23日 14:42
最新投稿:20年07月23日 14:42
梅雨明けか、セミがらを観て夏が近づいている感じがします。
すこし遊び心でとりました。 
大正池グリーンパーク (0)
【閲覧数】49
2020年07月15日 00:28
最新投稿:20年07月15日 00:28
井手町野外活動センター 大正池グリーンパーク

京都府綴喜郡井手町多賀一の谷20-1
<京都方面から> 国道24号線307号線交差点を南へ一つ目の信号を左折(府道321号線)一つ目の交差点(止まれの標識)を左折、その後府道和束井手線を車で15分程度の所です。

手のひらの形をした大正池は周囲約2km、貯水量約23万㎥を誇り、日本のため池百選に選定された癒しの空間です。春には桜、初夏には新緑、秋には紅葉と四季折々の自然を楽し…
宇治市天ケ瀬吊り橋 (0)
【閲覧数】49
2020年07月09日 13:21
最新投稿:20年07月09日 13:21
宇治川の天ケ瀬ダム下流に架かる「天ヶ瀬吊橋」
吊り橋形式の「天ヶ瀬吊橋」は1942年に架橋された。橋の長さは約54㍍、幅員は約2㍍の人道橋。宇治川周辺は『宇治の文化的景観』として重要文化的景観に位置付けられており、四季折々の景色が楽しめ、ハイカーや釣り人、観光客が利用している。
95年に修繕工事を実施して以降、大規模な改修を行っておらず、木部材でできている桁や床材、高欄が経年劣化。耐用年数が超過したため…
浄妙塚と浄妙山 (1)
【閲覧数】80
2020年07月02日 13:39
最新投稿:20年07月02日 13:44
木津川市山城町に筒井浄妙の墓と伝える塚があります。
浄妙は、近江園城寺浄妙坊の寺法師(僧兵)。治承4年(1180)源頼政と以仁(もちひと)王の挙兵にしたがい宇治の戦いで奮戦。

祇園祭の浄妙山は平家物語の宇治川の合戦から取材、筒井浄妙が橋桁を渡り一番乗りをしようとすると、弟子の一来法師がその頭上を飛び越え前に進み出て先陣をとってしまったという。
(祇園祭の絵はがき参照)
また浄妙塚の近くに、以仁王を祀る高倉神社…
2020年06月24日 08:24
最新投稿:20年06月24日 08:24
私が訪れた6月20日はコロナの移動自粛解除後 初の週末と
アジサイの最盛期が重なり、五千坪ある大庭園もさすがに人々々
出来るだけ人を避けて撮影に心掛けたが・・・

ツツジ・シャクナゲ・アジサイ・ハス・秋の紅葉と枯山水・池泉
といつ訪れても絵になる風情が一杯だが入場料800円は少々??

三室戸寺にまつわるお話は下記ご参照
https://www.mimurotoji.com/history/cow.html
[地図情報有り]
宇治川河川敷のヨシ原 (1)
【閲覧数】105
2020年06月17日 04:41
最新投稿:20年06月17日 05:43
つばめのねぐらで知られるヨシ原が、宇治川を渡る近鉄京都線澱川橋梁(よどがわきょうりょう)の少し下流にあります。

ヨシはヨシズやかやぶき屋根などの材料として使われ、石田三成が宇治川のヨシ刈りの権利を願い出て軍資金にしたという話も残っているとか。

しかし、巨椋池のほうまで広がっていたヨシ原も需要が減ったことや干拓で、現在は伏見の河川敷に35haほどに減少しました。

水質浄化や水鳥、魚の生態系維持にもつな…
ツバメの巣づくり (0)
【閲覧数】96
2020年06月11日 08:58
最新投稿:20年06月11日 08:58
我が家に久しぶりに「ツバメが巣づくり」をはじめました。
私の住む宇治田原町では、旧来から、家にツバメが巣を作ることは、縁起がよいと言われ、人々に歓迎されていましたが、近年は、糞が落ちることが嫌われ、迷惑だという話を耳にする機会が増えてきました。
一生懸命に「巣づくり」をするツバメの姿は、現在のコロナ感染症対策に頭を悩ます私たちにとって、どこか見習うことがあります。

https://www.biodic.go.jp/reports/5-4/p028.html
155mの宇治橋 (0)
【閲覧数】97
2020年06月03日 05:45
最新投稿:20年06月03日 05:45
宇治市の宇治川に架かる宇治橋は大化2年(646)に奈良元興寺の僧道登によって最初に架けられたと伝えられ、「瀬田唐橋」「山崎橋」とともに、日本三古橋のひとつに数えられている。現在の橋は、平成8年(1996)3月に完成したもので、檜製の高欄に青銅製の擬宝珠を冠し、宇治橋が持つ歴史的イメージを残し、周辺の景観にも調和したデザインになっている。上流側に張り出した「三の間」は守護神「橋姫」を祀った名残とか、豊臣秀吉が茶…
2020年05月29日 18:51
最新投稿:20年05月29日 18:51
近鉄京都線伊勢田駅から北西500m程のところに、伊勢田 (いせた) 神社 (京都府宇治市伊勢田町若林)があります。
 本殿前の案内板に、祭神は、天照大神(あまてらすおおみのかみ)、多力雄神(たぢからおのみこと)、萬幡豊秋津姫命(まんはたとよあきつひめのみこと)と記されています。
  本殿を護るように、小さな社の稲荷神社、春日神社、住吉社が祀られており、本殿前には作田神社が鎮座しています。
  お正月と春の桜の開…
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 12 ]