1,581万kW/2,923万kW (08/19 23:55)
54%
山城・今日この頃 記事アップ用のトピック一覧
山城・今日この頃 記事アップ用に登録されているトピック一覧です。
トピック数は65件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 ]
[ 最新投稿順 ] [ 作成日順] [ 投稿者順 ] [ 閲覧数順 ]
御蔵山聖天 (0)
【閲覧数】34
2019年08月07日 00:24
最新投稿:19年08月07日 00:24
御蔵山聖天(おくらやましょうてん)宝寿寺(天台宗)
宇治の木幡にある御蔵山の山頂(87,6m)に大正8年に比叡山回峰行者澄光阿闍梨によって開創されました。御本尊は宝寿歓喜天尊(聖天様)、福徳成就、恵財宝祈願の信仰があります。お寺ですが入口に鳥居が立っており石造りで珍しい形をしています。アクセスはJR奈良線六地蔵駅から徒歩約20分。
あんじん
やっと梅雨晴れ (0)
【閲覧数】39
2019年08月01日 10:10
最新投稿:19年08月01日 10:10
昨日ようやく全国的に梅雨明けとなり日照不足解消で一安心。

先週梅雨明けを待ち構えて撮った宇治植物公園の一コマです。

お孫さんの夏休みの勉強材料がいっぱいある公園へ是非お越し下さい。

http://www.uji-citypark.jp/botanical/
[地図情報有り]
2019年07月31日 05:47
最新投稿:19年07月31日 05:47
京都府のお茶生産量は全国5位ですが40%を和束町が占めています。(京都府ホームページ)その茶畑も収穫期を終え夏空を背景に静かなたたずまいを見せています。
mameda
市役所8階の窓から~ (0)
【閲覧数】45
2019年07月24日 23:48
最新投稿:19年07月24日 23:48
市の職員だけでなく一般の人も利用ができる宇治市役所の食堂。

庁舎の8階にあり、食べながらまちが見渡せるちょっとした宇治のスポットです。

窓ガラスに書かれたイラストがわかりやすくていいですね。
2019年07月17日 00:13
最新投稿:19年07月17日 11:02
巨椋池干拓田は、もともと宇治川、木津川、桂川が合流する場所にある大きな水域で、かっては遊水池として機能するとともに、漁業も盛んに行われていました。しかし、度重なる水害に見舞われ、人々を苦しめたことから、明治時代に入り本格的な治水対策が行われ、河川と切り離し独立した大きな池となりました。
 その後も繰り返される水害や水質の悪化が進行したことから、池は殆ど無用有害に近い存在となり、優良な農地に転換を求…
2019年07月10日 04:39
最新投稿:19年07月10日 04:39
 7月4日に干拓田の水路横を通りかかり、田植えからほぼ1ヶ月の巨椋池干拓田の稲の写真を撮りました。水路の傍の橋からカメラを北、東、南へと回転しながら撮りました。緑があざやかでまるで緑の絨毯のようです。
 
 巨椋池干拓田は昭和8年に国内で初めて国営干拓事業が着工され、昭和16年に完成しました。
 干拓田は現在、宇治川からポンプにより汲み上げた水を農業用水として利用し、田畑を流れた後は、排水路を経由し、巨椋…
初夏の宇治川沿い (0)
【閲覧数】61
2019年07月03日 07:58
最新投稿:19年07月03日 07:58
初夏の宇治川を散策時の作品、少し緑を入れすぎたかな? トリミングすればとおもった。
天井川の風景 (3)
【閲覧数】98
2019年06月26日 06:51
最新投稿:19年06月30日 16:23
南山城地方は日本でも代表的な天井川地帯であるような…。
昔からの集落の近くでは、交通路が川の下をくぐったり、急坂によって越えたりしている。
また河水は通常時は、山麓へ出て天井川となる付近から地下に伏流して見えなくなるらしい。
  (出典:図も含め山城町史)

 ・図は山城町域の地形分類図
 ・写真は、不動川の下の交通路と下流部の川面
  (不動川は山城町平尾・綺田地域を流れる、JR棚倉駅の北側)
宇治川派流 (0)
【閲覧数】103
2019年06月19日 11:29
最新投稿:19年06月19日 11:29
京都市伏見区を流れる宇治川派流沿いの遊歩道はいろいろな楽しみを見せてくれます。

現在は雨のお友達のアジサイが美しい姿を見せてくれています。

3月、4月の桜は見事です。また4月、5月の柳も心和ませてくれます。

 
宇治駐屯地の展望塔 (0)
【閲覧数】94
2019年06月12日 14:18
最新投稿:19年06月12日 14:18
宇治駐屯地の展望塔(宇治に残る歴史的建造物)
展望塔からの眺めは素晴らしいものです。
毎年桜の季節になると宇治駐屯地が一般解放されます。
展望塔は、明治28年に「陸軍砲兵工厰宇治火薬製造所」の水槽塔として建てられたものです。当時は4階建てのレンガ積み(イギリス積み)の部分が20,5mその上に3mの水槽部分があり、屋根を含めると30mもありました。
昭和56年には水槽部分を撤去し、平…
[ 1 2 3 4 5 6 7 ]