1,243万kW/2,168万kW (06/03 03:20)
57%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&year=2012&month=10
■2012年10月の書き込み
書き込み数は5件です。
2012年10月27日(土) 
「世の中に星の数ほどある美術作品、その中から『本物』とであうのは、もしかして人との出会いより稀かも知れない」。「マウリッツハイツ美術館展」が開催されている神戸市立博物館の入口にこの言葉のパネルがありました。オランダ、ハーグにあるこの美術館の改修工事の間に来日した作品の数々、関西では神戸しか来ないので・・・大分迷った神戸行きでしたが、本当に行って良かったと思います。今日は、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の他にフランスハルスの『笑う少年』が印象に残りました。彼は一瞬の仕草をとらえて作品にしてしまう画家とか、レンブラント皆さん

閲覧数671 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2012/10/27 21:31
公開範囲外部公開
2012年10月21日(日) 
ロシア、サンクトぺテルプルクにあるエルミタージュ美術館に女帝エカテリーナ2世が収集したという、なんと300万点とされる収蔵品のうちほんの一部が京都市美術館にやってきました。ほんの一部と言ってもポスターには『美の百科事典』『世紀の傑作を京都で』の文字が躍っています。実際、『ぶらぶら美術館』にいつもでてくるテイツィアーノの16世紀の作品から始まります。同じく16世紀の『裸婦』、美人の代名詞とされる『モナリザ』もし衣服を剥ぎ取ったら・・・多くの模写をするレオナルドダウインチの弟子達がこの問題に取組み同じような作品が数点現存するとガイ

閲覧数814 カテゴリ日記 コメント9 投稿日時2012/10/21 18:21
公開範囲外部公開
2012年10月16日(火) 
朝日新聞デジタルの『秋田版』を読んでいると、今月19日から当初、秋田県立図書館で所蔵の雑誌や育児本など計2000冊を貸し出すサービスを始めると発表したとか。スマートフォンを通じて無償提供され休館日や開館時間も関係なく貸し借りできるといいます。何とビジネス誌『週刊ダイヤモンド』等は99年前の創刊号もそろっているそうです。いくらヒマ人の私でも秋田は・・・そこで、宇治の図書館のお偉さんをご存知のお茶っとさんがおられましたら、こんな記事が載っていると・・・。お問い合わせは(018)866-8400だそうです。

閲覧数314 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2012/10/16 14:33
公開範囲外部公開
2012年10月13日(土) 
今、「街角レポーター」の1人として生涯学習センターで地域情報化アドバイサーの坪田知己先生の『共感社会を目指して言葉の力』の講義を受け、ろくさんの車に家まで送ってもらい帰ってきました。先生は長年の日経新聞社勤務の経験から「ことばの力と魅力」を全国に発信され、各地で文章教室の講師をされています。私が文章の基礎を教えてもらった随筆家の楠昇先生とは私が36歳ごろの思春期真っ盛りの時あるきっかけで知り合いました。山科に住んでおられた楠先生、途中怪我でもされたらと、2年ほどタクシーで自宅まで月2回来られました。「小学校5年の文章を小学生で

閲覧数598 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2012/10/13 18:25
公開範囲外部公開
2012年10月07日(日) 
「真の芸術は愛にあるのです」の副題がついたシャガール展が今年も文化博物館で始まりました。鰊問屋に勤める父親と小さな食料品屋を営む母親の間からロシアで生まれ今年で生誕125年を記念した企画でもあるとか、97歳の長命だった彼の死を新聞の一面で知ったことをかすかに記憶しています。熱心なユダヤ教信者であった彼の初期の作品のうち、私は『窓からの眺めブィテフスク』が印象に残りました。近景の置物そして、遠く眺める風景はさすがと思いました。そして、依頼を受けた大きな仕事、国立ユダヤ劇場壁面を観たあと、メーインである宝石店の娘、ベラとの結婚にう

閲覧数736 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2012/10/07 13:47
公開範囲外部公開
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 06月03日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み