1,622万kW/1,858万kW (10/27 18:40)
87%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&year=2012&month=12
■2012年12月の書き込み
書き込み数は7件です。
2012年12月30日(日) 
「気ぃ付けていい正月迎えてやぁ」。午前中3時間、ヘルパーさんは好物の雑煮を作り神棚の掃除やカレンダーを替えたり…して帰られました。30日例年通り、本年最後の更新になりました。今年も沢山コメントを貰ったり、年賀状の「こはたノたかし」から入ってもらった友達が何人かおられることが週間ランキングや偶然会った人達や個人のメールなどからわかります。書いた雑文も6年で395。言語障害の障害者の書いた下手な文章でもみんなに読んでもらうことで生かされていることを有難く思います。来年5月の7年目に向けて楽しく文章を紡ぎだしていくつもりですのでこれ

閲覧数755 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2012/12/30 15:35
公開範囲外部公開
2012年12月23日(日) 
昨年、少し淋しく感じたクリスマス今年は、ハープの内田奈織音楽事務所にアスニ―クリスマスコンサートのチケットを送ってもらいました。京都市生涯学習総合センターで月1開催されるコンサート、私は最近コンサートホールばかり・・・ハープもご無沙汰なので久し振りに内田奈織さんの音色が聴きたかったからです。今回は内田さんの他にファゴットの仙崎和男さん、フルートの井伊亮子さん、そしてソプラノの西側真里子さんも加えた豪華メンバー、もう4,5年のクリスマスコンサート、スタート曲とされるジョリブェの『クリスマスのパストラール』の4曲が演奏され続いて内

閲覧数756 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/12/23 12:50
公開範囲外部公開
2012年12月16日(日) 
金曜に私とヘルパーさんの分としてろくさんから4枚貰ったロクモール歳末大売り出しの抽選券さっき代理抽選したらみかん1箱とお餅が当たりました。お餅は好物なので貰いますが箱みかんはカビが生えるのでで2人から事務所へお歳暮にと・・・考えています。ろくさん有難う、来年もいい年に・・・・。

閲覧数692 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2012/12/16 16:52
公開範囲外部公開
2012年12月16日(日) 
昨日から文化博物館で始まったこの催し、比叡山ふもとにある八瀬。ここで遠く後醍醐天皇以来天皇家の寵愛を受け、村落共同体を作り生活してきた人々を八瀬童子というそうです。ここでは後醍醐天皇から明治天皇まで25通の手紙、それを納める大きな長持ちを見ます。内容は少し・・・でもお互いの親密度は理解できました。次に村の生活に移り平成4年傷みが激しいため取り壊された念仏堂に納められていた仏像などを見ました。念仏堂ではご詠歌など唱えられてたとか。八瀬とは高野郷と領地のことで争いがあったとパネルがありました。それも解決、明治以来、政府から大喪の輿を担

閲覧数328 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2012/12/16 13:58
公開範囲外部公開
2012年12月10日(月) 
今届いた夕刊で本日午前1時20分83歳で亡くなられた事を知りました。俳句番組にもよく出演された小沢さん、私は、TBSラジオのホームページで本放送から1日遅れの火曜日から土曜日まで『小沢昭一の小沢昭一的こころ』をパソコンをいらいはじめてからですので6年以上聴いていました。独特な語りで世間を皮肉ってそれでも悪口ではない話術は大好きでした。新聞によると1973年1月から始まって昨年5月に1万回を迎えたとか。夏から都合により『傑作選』に代わり入院でも・・・思っていました。又、昭和の俳優さんが亡くなられましたねぇ・・・・。心からご冥福を

閲覧数802 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2012/12/10 15:58
公開範囲外部公開
2012年12月08日(土) 
昨夜、久しぶりに夕方5時半に外出しました。今年度から入会した京都交響楽団友の会、私のコースは土日昼の定期演奏会グループなので夜のコンサートはありませんが、今回、夜7時からの年1度の友の会コンサートに招待すると手紙を貰いました。足元が悪い夜なので迷いましたが地下鉄の駅の横でもあり思い切って参加しました。プログラムはロッシーニの歌劇『どろぼうかささぎ』序曲とベートーベンの『運命』そしてアンコールはマーラー指揮は常任指揮者の広上淳一氏、特に華麗な曲『どろぼう・・・』の時、広上氏は本当に踊っているように指揮されるので私まで楽しくなりました

閲覧数841 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/12/08 13:16
公開範囲外部公開
2012年12月02日(日) 
京都市美術館で昨日から始まったので初日に行きました。彼は明治24年生まれ京都帝国大学の美学美術科を専攻大学院に進み、中退後、スペインに渡欧、ここで師を持たず主にテイツィアーノやエルグレゴ等の作品の模写で4年間、油絵の腕を磨きます。帰国後大学の教鞭の傍ら作品制作を続けます。彼の作品は『犬』が有名ですが、全国を歩き回って集めたスケッチで生み出した山や風景、小動物花など・・・吐血後、寝床で描いたという絶筆の『メロンと西瓜』まで彼の生き様が垣間見えるようでした。確かに日本画と比べ油絵の彼の作品は光と影があり難しいでした。それについて、彼の

閲覧数850 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/12/02 13:30
公開範囲外部公開
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み