1,627万kW/1,938万kW (10/30 16:30)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&year=2013&month=5
■2013年5月の書き込み
書き込み数は6件です。
2013年05月27日(月) 
華やかなる大正叙情画家たち、加藤まさをを中心に、夢二、かいち、華宵春佳の作品展が美術館「えき」で始まりました。加藤まさを、竹久夢二に比べてもあまり知られていませんが『月の砂漠』の作詞者と入ったとたん、知らされます。そして、『花の精』『少女』『異国』等のコーナーに分かれ『雀のお宿』『さるとかに』などの童謡の挿絵や詩画集のたぐい葉書が一堂に見られ1度観たら忘れられなくなるような魅力で彼の才能を垣間見ることでできました。最後のコーナー加藤まさをに続く高橋春佳や高畠華宵の作品を観て大正時代は比較的短いですがいい時代だったと改めて思いまし

閲覧数735 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2013/05/27 12:18
公開範囲外部公開
2013年05月24日(金) 
4月1日号の『市政だより』で文化センターのビデオ撮りを知り、もし当たった時並んでもらうの約束を月曜のヘルパーさんとして往復はがきを送ったところ、偶然にも当たり夜のこともあり、ヘルパーさんに介助してもらい昨夜行ってきました。その前にヘルパーさんに座席券を貰うため1時間以上並んでもらいました。何と2日前から並んでいるグループや神戸からかけつけたおばさんなど、ヘルパーさんによると「あぁ、しんどぅ」とか。ようやく、入場、いいところに座ることができました。一流歌手12組の出演による、『名曲イレブン』『歌謡HOT前線』まだテレビであまり聞いたこと

閲覧数695 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2013/05/24 13:45
公開範囲外部公開
2013年05月19日(日) 
明治から大正にかけて毛織物商で成功をおさめた芝川照吉が援助し続けた日本洋画家達、特に青木繁岸田劉生の作品を中心に収集したコレクションの数々、約千点、その多くが戦争などで焼失しましたが残った作品約200点が近代美術館開館50年を記念して収蔵した展覧会が昨日から始まりました。会場には作品保護の都合で劉生のあまりにも有名な『麗子坐像』(これはメナード美術館蔵)は6月展示だったけど、芝川照吉をモデルにした『S氏の肖像』等から始まります。続いて青木繁の代表的な作品『女の顔』、このモデルは青木繁の愛人とか、青木は早世しますが、彼の小学校の同級生坂本繁

閲覧数443 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2013/05/19 16:28
公開範囲外部公開
2013年05月12日(日) 
9日からはじまった美術展に昨日、細見美術館館長細見良行氏のギャラリートークが2時からあるので間に合うように行きました。竹内栖鳳や上村松園等京都画壇を代表する作家と琳派の継承者とされる神坂雪佳。今まで何故か合同の美術展が無かったとか、栖鳳と雪佳共に没後70年、そして若き日高島屋職員であったこともあり今回のコラボが決まったとか。江戸時代の光琳の作風の琳派の作品収集に力を入れる細見美術館館長さんの話しが聞けるので楽しみに行きました。琳派とは? 緻密に線で計算されたタッチでなくて直接に筆を入れるのやたとえば紅葉、実際は表や裏を向いてる

閲覧数727 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2013/05/12 13:17
公開範囲外部公開
2013年05月05日(日) 
木曜夕方NHK京都の『きょういちにち』で御香宮の特別公開を知り、昨日行ってきました。ここは、地下鉄、近鉄JRで回りやすいので、城南宮の後の初詣でコースで、年1度は必ず行きますが、安産の神様で私にはあまり関係ないことを知りました。受付で拝観券を買い本殿横の工事中の足場みたいのところを上がって行くことを促されました。そこで、ガイドの説明を受け、徳川家康が造営し屋根は檜作りで彫刻を施し麒麟の絵などがあり、ビールのラベルであまりにも有名ですが、キとリンは雄と雌の意味だと初めて知りました。そして、彫刻の色彩が鮮やかが疑問でしたが、昭和6

閲覧数676 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2013/05/05 12:58
公開範囲外部公開
2013年05月01日(水) 
朝、カレンダーをめくると5日の子供の日が立夏と書いてありました。ほんの2・3日前ストーブをいれたはずなのに・・・。ヨーカドーの躑躅がとても綺麗な気持ちの良い5月がスタートしました。そして、takashi123の郵貯クラブを含めこの5月で7年目に入りました。いつも、コメントをくれたり必ず見てくれるお茶っとのみなさん、感謝でいっぱいです。それからすべてネットでも流しているので時折週間ベスト10に入れてもらうので年賀状の友達も何人かいることもわかります。いちいち「見てますよぉ」と書いていないけど10年以上も会っていないのにいつもきれいな年賀状をく

閲覧数822 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2013/05/01 12:31
公開範囲外部公開
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み