1,985万kW/2,317万kW (12/12 11:05)
85%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&year=2014&month=7
■2014年7月の書き込み
書き込み数は6件です。
2014年07月27日(日) 
あまり、美術館では見なかった今回の企画だと思いました。国立近代美術館に行ってきました。黒のつや、華やかな朱色、金や銀の輝き、華麗に光る貝など・・・ウルシの木から採れる樹液を器に塗り重ね文房具、装身具飲食器などに用いる漆芸、明治時代の美術学校の学部として創設されたといいます。講師は日本画家としてあまりにも有名な神坂雪佳と浅井忠。彼らは図案家でもあったとは私は初めて知りました。そして、京塗を代表する木村表斉や富田幸七も加わり迎田秋悦や戸嶌光孚などの世界に通用する漆芸家になった事も学び「工芸」とは難しかったけど少しだけ分かったような

閲覧数544 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2014/07/27 12:59
公開範囲外部公開
2014年07月20日(日) 
『近鉄ニュース』でルノワール、ルソー、マネ、ピカソなど、19世紀から20世紀までフランスで活躍した約50人の作品90点が夏休みが始まる昨日から開催されることを知り行って観たくなりました。何しろ環状線はお世話になった夫婦が喫茶店を開店された30年ほど前、天王寺は初めての私でした。とりあえず、教えてもらいビルの10階で昼を食べ・・・天王寺公園まで行くのが大変・・あっちで聞きこっちと何しろ全くの私、ようやく、通天閣前の美術館に1時間ほどかかって着きました。ちなみに記事には駅から約10分と・・・。ここには、印象派やナビ派など風景や人物であまり子供の作品は

閲覧数658 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2014/07/20 13:21
公開範囲外部公開
2014年07月15日(火) 
商店街のパン屋にいつものを、買に行くと奥さんが「急に暑くなったねぇ・・・」。この頃になると、思いだすことがあります。茶舗の仕事をしている頃、配達は車に乗れない私はいつも「歩き」で御蔵山の先の平尾はバスもあまり役にたたないので、歩いて現地を目指しました。お中元3個ぐらい箱を傷めないように文庫袋に入れて・・・それらを布袋に入れて、玄関に着くとTシャツはグッショリ顔から汗が流れていました。「いつもありがとうございますっ、お茶屋です」。「はい」とがま口を持ったお客さん、私を観て・・「ちょっと待ってね、スーパーで買った安物よ」と出してく

閲覧数647 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2014/07/15 15:20
公開範囲外部公開
2014年07月13日(日) 
建仁寺塔頭の両足院に行きました。今回初公開されるのは、中国で修行された仏教画家七類堂天谿氏が描いた方丈襖絵の完成記念も兼ねてると観光ボランティアのかたの説明を聞き作品の内容も話されました。空海を囲む多くの弟子達、茶の木を中国から持ち帰った栄西もいましたが、この中にたった一人何も言わずに師のすべてが理解できた弟子がいたとか、「以心伝心」を作品に込めてる等と両足院の檀家が東京の和菓子屋で100年以上前、上用饅頭を発案され、この寺が発祥の地とされてると説明をされました。ここの300坪の枯山水庭園は終ったとこでしたが、「半夏生の寺」と

閲覧数469 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2014/07/13 13:14
公開範囲外部公開
2014年07月06日(日) 
『朝日』の夕刊によると初日の市美術館開場前に200人以上も列を作ったという会場に昼食後、行ってきました。幸い、人も落ち着きスムースに入場できました。入ると、晩年仕事をした、スイスのアトリエが再現されていました。そして、今回イヤホンガイド補助をされる節子夫人が「当時女子大生であった私が初めて会った京都で、没後初の回顧展はこの上もない喜び、主人は心に『鏡』を持って作品を見なさいとよく申しました」。私は心して聴きました。パリで1908年生まれた彼、ボナール、ピエールなどと交流し、初期の章では11
歳で描いた猫の40枚の絵、彼の才能を暗示

閲覧数624 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2014/07/06 13:15
公開範囲外部公開
2014年07月02日(水) 
今やみんなが知っている掃除ロボ「ルンパ」を発売したアメリカの会社が4日から新製品を発売すると『朝日デジタル版』で動画で実験を配信しています。自分で掃除して自分で片づけるルンパでも驚いていましたが今度は雑巾掛け・・・ぞうきんは人の取り付けが必要など改良がされる余地がありますが、いくら女性の社会進出で忙しくなりましたが、今後が楽しみというよりいささか末恐ろしいと感じるのは私だけでしょうか。

閲覧数637 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2014/07/02 17:08
公開範囲外部公開
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み