1,631万kW/1,938万kW (10/30 16:05)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&year=2019&month=9
■2019年9月の書き込み
書き込み数は3件です。
2019年09月22日(日) 
昨日コンサートホールであった演奏会、モーツァルトのピアノ協奏曲第24番とベートーヴェンの田園などを指揮下野竜也氏、ピアノヤン・リシエツキ氏で演奏されました。CDなどで聞きなれた田園を生で・・・楽しみにしていました。でも、いつも一風変わった選曲をされる下野氏、少し不思議に思っていましたがプレトークでその秘密がとけました。6年勤めた京響常任首席指揮者、今回が最後の仕事になりましたと話され最後に皆さんよくご存知の田園で広い大地に囁く小鳥たちの鳴き声、全く聴こえないベートーヴェンに想いをはせ、自論を展開されました。演奏会の最後に「今ま

閲覧数354 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/09/22 16:12
公開範囲外部公開
2019年09月15日(日) 
泉屋博古館に行きました。いにしえの文化や思想を伝える美術工芸品や歴史資料その多くは材質上朽ちる宿命にあります。たとえば平安時代の仏像、主にヒノキからほられていますが長年の劣化や虫食いなどを手などを分解して修復する又絵画は100年に1度の修復がかかせないとか、これには技術、時間、お金が必要ですが、私などただ好きなだけでぼんやり見ていましたがこれには修復される人たちの影の努力を学びました。住友財団は金銭的に援助されているようですがこれから後世の人にこの感動を味わってほしいし、私も今後心して美術館に行こうと思いました。10月14日ま

閲覧数305 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/09/15 16:06
公開範囲外部公開
2019年09月01日(日) 
文化博物館に行きました。世界博物館会議を記念して開催されるもうひとつの展覧会、東京富士美術館の名品が展示されていました。1983年11月に池田大作氏により設立されたこの美術館には何と3万点も所蔵されているとか。絵画浮世絵版画漆工刀剣甲冑など・・・教科書で有名な伊藤若冲の『象図』から始まりましたが、私は鈴木其一の『風神雷神図襖』が最も印象に残りました。見慣れた屏風もいいけど其一もいい。日本美術の豊かさに触れる絶好の機会になるでしょうとパンフにありましたが昨日は大勢の人出の中に半パン姿の外国人も何人か見ました。もう出席者も来られて

閲覧数336 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/09/01 16:30
公開範囲外部公開
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み