2,112万kW/2,310万kW (06/14 14:15)
91%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=33392&year=2014&month=2
■2014年2月の書き込み
書き込み数は4件です。
2014年02月26日(水) 
日本人とドイツ人は文化が違う。日本人は恥の文化の中に住み、ドイツ人は罪の文化の中に住む。日本人は、民族の誇りを取り戻すことにはこだわる。序列思考に関する名誉回復にはこだわる。だが、罪に関することにはこだわらない。すべては事の成り行きと考えている。

日本人も韓国人も中国人も、意思がない。頼まれ仕事 (依頼された仕事) をしているのである。だから責任感はない。死刑執行人と同じで、人は死んでも彼らは殺人罪には問われない。彼らに殺意はないからである。中国人と韓国人は、科学はできなくても、科学技術を手に入れて、利用して金儲けをしている。彼らは

閲覧数552 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/02/26 20:14
公開範囲外部公開
2014年02月05日(水) 


実況放送・現状報告の類の内容は、日本人でも議論になる。だが、非現実 (過去時制と未来時制) の内容は、日本語の文章にならないから議論にならない。
意思は未来時制の文章である。意思を議論にのせることは難しい。だが、意思のないところには方法がない。座して死を待つか。それとも進んで玉砕するか。危険を避けることは難しい。

話に筋があるならば、それを理解するということもわかる。だが、筋がなくて、話を理解するということはいったいどういうことなのか。
‘とにかく、‘私の話を聞いてください’というのは、 ‘ばかだなあ、この人は、、、、’ と思って話を聞

閲覧数561 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/02/05 09:13
公開範囲外部公開
2014年02月03日(月) 
恣意 (私意・わがまま・身勝手) は、小言、片言、独り言で表わされる。
司馬遼太郎は、<十六の話>に納められた「なによりも国語」の中で、片言隻句でない文章の重要性を強調している。

「国語力を養う基本は、いかなる場合でも、『文章にして語れ』ということである。水、といえば水をもってきてもらえるような言語環境 (つまり単語のやりとりだけで意思が通じ合う環境) では、国語力は育たない。、、、、、、ながいセンテンスをきっちり言えるようにならなければ、大人になって、ひとの話もきけず、なにをいっているのかもわからず、そのために生涯のつまずきをすることも多

閲覧数3054 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2014/02/03 19:07
公開範囲外部公開
2014年02月01日(土) 
日米安保条約は、大切な条約である。
これにより、日本はアメリカにつなぎとめられている。
この条約により東南アジアの国々も安心していられる。我が国も信頼を得ている。不自由を常とおもえば不足なし。
我々には、恣意 (私意・わがまま・身勝手) と滅私奉公の世界に住み続けるか、それとも意思と自由の世界に住み替えるかの問題がある。

どうして日本は危険なのか。それは、経済的な繁栄からくる根拠のない力の過信からきている。気分・雰囲気が問題である。
細工物の出来栄えが良いからと言って、政治音痴が通用するものでもない。
性能の良い戦闘機と巨大な戦艦があれば

閲覧数560 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/02/01 11:04
公開範囲外部公開
■プロフィール
のがさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 06月14日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み