2,060万kW/2,403万kW (08/18 15:05)
85%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1203533
2019年08月10日(土) 
京都アニメーションさんの事件では、かけがえのない命が奪われ、傷つけられました。
当日、窓からの火を目の当たりにしましたが、まさかその中で、こんなにたくさんの方が巻き込まれているとは思いもしませんでした。

刻一刻と報道される内容をすぐ近くの教室で授業をしながらみて、驚くばかりでした。
空ではたくさんのヘリコプター、そして消防車、救急車のサイレンが断続的に聞こえ、不安なときを過ごしました。
運転中前方の煙、建物から吹き出す火、この日、目の当たりにしたことは、いまもはっきりと覚えています。
巻き込まれた方のなかには、息子や娘と同世代の方も多いらしいとの報道で、安否がわからず不安に包まれているご家族のことを思うと他人事とは思えず、胸がしめつけられました。
なにか皆さんの心に寄り添う行動を起こしたい、と考えていたところ所属するNPO法人代表が千羽鶴をみんなで折ろうと言いだしました。
どこで、誰が折り、そして千羽鶴はどこへお届けするの?等々
いろいろな疑問、心配のなか、
とにかくやろう!
ただ、お届けは慎重に。
走りながら考えよう!
ということに。

京阪さんのご協力をいただき、京阪宇治駅のスペースをお借りすることになりました。
たくさんのボランティアの方に設営準備、来られた方への対応、撤収のお手伝いをいただきました。
想像をはるかに超える人数の方が京阪宇治駅に来てくださり、たくさんの出会いがありました。
「ほんとは、六地蔵へいって手を合わせたいけど、辛くて怖くていけないの、京阪宇治駅ならいけると思って折りにきたわ、ありがとうね」というおばあちゃん。
「韓国人ですけど折って、記帳してもいいですか?」
と不安そうにいう若い女性。
「なかなか平日は休めなくて、遅くなってすみません」と謝って、折ってくれた青年。
「アニメのこと全然知りませんけど、折っていいですか」という会社員の男性。
「鶴折れないので教えてください」といって汗ふきふき一生懸命折ってくれたアニメTシャツのお兄ちゃん。
記帳ノートの横にスマホを置き、翻訳ソフトで日本語にして、何度も見なが書き写す外国人女性。
涙がとまりませんでした。

たくさんの方の想いがつながり、そして、たくさんの方々が祈りを込めて折っていただき、千羽鶴にするため夜通し糸通ししていただいた、五万羽を超える千羽鶴。
8月8日朝、献花台にお届けすることができました。

皆さんから託された千羽鶴を献花台に捧げ、正面に見える建物に向かって手を合わせました。
建物からこちらの千羽鶴見えてるかな。
たくさんの祈りが、皆さんに届きますように。

ご協力いただきましたすべての皆様、ありがとうごさいました。

閲覧数48 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/08/10 13:47
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/08/10 15:50
    イアンさん
    五万羽を超える千羽鶴・・・凄いですね。
    ろくさん達、中心になって頑張ってくださった人達の献身的努力無しでは、この大きな盛り上がり・成果は無かったでしょうね。
    次項有
  • 2019/08/10 19:52
    色々な支援の方法が有り、応援の仕方がある。千羽鶴も甲子園での演奏も、献花も祈りも。
    いち早く動いてくださった皆さんをさすがだと思いました。ありがとうございます。

    まだまだ全容は解明されず、京アニは止まったままですが、いつか不死鳥のように蘇ってくれることをただただ宇治の片隅から祈り続けている私です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ろくさん
[一言]
新お茶っ人でもよろしくお願いいたします。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み