1,886万kW/2,952万kW (08/05 21:50)
63%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1190614
2016年01月20日(水) 
昨年10月に白寿を迎え、12月にお祝いをした。正月も日本酒を美味いといって楽しんでいたそうだが、16日早朝に徐々に息が小さくなって行き亡くなった。

17日通夜、18日告別式。参列はほぼ身内だけなんだが、親父から見て、孫世代夫婦全員と曾孫が1人揃った。こんだけ集まってくれて感謝の気持ちいっぱいだ。甥っ子の嫁さん2人にも初めて会えたし。

葬儀が終わり、施設の荷物の引取り。届けや名義変更などがつづき、その後最後に奈良の墓へとなる。やっとお袋と一緒になるわけだが、仲良くしてほしい。

遺影は親父が定年退官して名誉教授になるとき、肖像写真の専門家?に撮ってもらったものを使った。当時から葬式ではこのシリーズから遺影とするように言われていたので。

親父は後年、仕事を引退してから、還愚(げんぐ)と称し、だんだんと戻ってゆくのだと言っていたが、白寿まで日々を重ねてきて、愚に還る世界は思っていたものとはかなり違っていたそうだ。蓄えた経験や知識が空白に置き換わってゆく日々を生き続け、もういい、となったのだろう、す~っと終わった様だ。

私は多分、そんな世界を知ることなく終わるだろうが、親父は私の憧れであり続けるだろう。

---------
んで、取ってつけた様に私から見て孫の近影。かわゆい!

閲覧数974 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2016/01/20 21:58
公開範囲外部公開
コメント(7)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/01/20 22:56
    CONTAXさん
    Kaorineさん、
    ご立派なご尊父のご逝去を謹んでお悔やみ申し上げますとともにご冥福をお祈りいたします。白寿で天寿を全うされたのですね。
    以前、日記に書いて頂いた船による欧州へのご旅行記を思い起こしています。合掌
    次項有
  • 2016/01/21 13:15
    鉛筆Kaorineさん
    CONTAXさん

    ありがとうございます。家族が集まりましたが、どちらかと言うと新たな門出へのお祝いでした。

    ドイツ留学は親父を変えたのでしょうが、帰国すると教室のメンバーがかなり入れ替えられていたそうです。大学の中って意外とどろどろしているんですね。

    親父は雨男で、葬儀は終始雨でした。最後に晴れたかと思ったら、直後に霙まじりの嵐になって、さすがと思いました。
    次項有
  • 2016/01/22 08:28
    CONTAXさん
    > Kaorineさん
    早く両親を亡くしたのでちょっとうらやましいです。幸い私は82歳と生きながらえていますので子供や孫たちには、見習ってちゃんした最後を示したいと思います。
    次第にお淋しいことと存じますが、お疲れが出ませんように・・・
    次項有
  • 2016/01/22 05:42
    鉛筆Kaorineさん
    こはたノたかしさん
    ありがとうございます。

    式のなかで孫世代を代表して、大学の研究者になっている孫が爺さんへ話しかけました。「これまでも色々なことを示してくれましたが、今日もまた、どうやって新しく門出するのかを示してくれてありがとう。」と言ってました。
    次項有
  • 2016/01/22 18:19
    そうでしたか・・・
    さみしいことです
    お写真だけでも伝わるような、立派で素敵なお父様だったのですね。
    背中を見ながら、たくさんのことを学んでこられたんですね。
    憧れ・・と息子に言われるお父様は、うんとお幸せな人生を送られたのだと思います。
    可愛らしい曾孫ちゃんにも会えて・・

    これからは折に触れ、心の中にお父様が語りかけてくださるのでしょうね。
    寒い時期ですし、Kaorineさんもどうぞお疲れが出ませんように・・。
    次項有
  • 2016/01/23 05:15
    鉛筆Kaorineさん
    > ガンバレ種田さん

    コメントありがとうございます。実は疲れて腰が痛くて・・・(^_^;)

    昨日、手続きに必要な戸籍謄本などを取りに行った(親父の本籍は京都市北区)んですが、16日に死亡届を福岡市早良区に提出したのに、まだ戸籍が修正できていないとのこと。

    職員は申し訳なさそうに「いつ出来るかは分かりません。土日は休みですし。来週半ばかなぁ。出来たら電話します。」とのこと。親切なんんだかいい加減なんだか。送信側の遅れもあるのかも知れません。

    これら手続き→法要と親父のことを忘れる暇は当分なさそうですが、明日は宇治シティフィルの本番。演奏中は思い出す余裕がないでしょうね。一週間楽器触れていないし、困ったもんです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Kaorineさん
[一言]
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み