1,795万kW/2,511万kW (12/11 22:25)
71%
2018年12月02日(日) 

 

 

 

>1精神年齢が低い人の特徴

>・1-1基本的に他力本願

>[精神年齢が低い=中身が子供]ということなのでそのまま年齢だけを重ねると、親がやってくれる代わりに他人がやってくれるのを望みます。

 

そうですね。他力本願・神頼みですね。

 

>・1-2被害者意識の塊

>自己中な困った行動の根底にあるのは「私は悪くない。私は被害者。私を守って。」という被害者意識になります。

 

そうですね。日本人には意思がないので、加害者意識もない。だから、私は悪くない。あるのは、被害者意識ばかりです。

 

>・1-3自己責任の意識が全く無い

>「周りがそうしろと言ったから」>「あの人に言われた通りにしただけ」>などと、自分に落ち度が無いように立ち振る舞います。

 

そうですね。死刑執行人と同じですね。人は死んでも、彼らは殺人罪に問われない。彼らには、殺意というものがないからである。だから、自分には落ち度がない。

 

>2精神年齢が低くなる原因

>・2-1両親からの愛情不足

>子供は親の愛情が感じれないとそれを受け取るために色んな手を模索します。>その注目の集め方として自分が被害者になることによって親からの注目を集めるパターンがあります。

 

そうですね。自傷行為などもありますね。

 

>・2-2両親の過保護

>本当ならば子供の自立を促さなければならない部分も親が干渉してしまい、子供が親に頼りきったまま大人になってしまう訳です。>社会に出るまでずっと親の判断、親の保護下、親の責任の下で育ってきたので、いざ自分の判断を求められた時に決断できません。

 

そうですね。侍従に判断を任せきりにして偉くなった人は、いざ自分の判断を求められた時に決断できません。

 

>・2-3他人と正面から向き合ったことが無い

>自分の気持ちが中心で、自分の感情に支配されて、自分の基準が世の全てだと思っています。

 

恣意 (私意・我儘・身勝手) の人間になりますね。

 

>本来は他人と向き合う経験をすると「自分の基準は他人には通用しない」というのが分かるはずなんです。

 

相手を説得するには、‘あるべき姿’ の世界が必要ですね。

 

>・2-4自己理解が甘い

>精神年齢が低い人は自分の感情に支配され、ワガママになったり、すぐに感情的になったりします。

 

そうですね。日本人には、恣意 (私意・我儘・身勝手) があるので、我儘になりやすいですね。恣意は、ばらばらな単語 (片言・小言・独り言) で存在し、文章にならない。文章にならないものは意味がなく、矛盾も指摘できない。したがって、対話の対象にはならない。

英米人には、意思があるので我儘になりにくい。恣意は受け入れられない。

意思は、未来時制の文章内容であるが、日本語文法には時制 (tense) というものがないので、未来時制もない。したがって、日本人には意思がない。

聞き手は、忖度 (推察) により話し手の内容を代弁するが、忖度は聞き手の勝手な解釈であるから、話し手には何の責任もない。だから、議論にならない。話者の独りよがりもおさまらない。’お前らに、俺の腹の底が読めてたまるか’ と述べている。

 

>他人と深く関わるには/相手の気持ち/相手の立場/自分の伝え方/自分の感情などをしっかり考える必要があり、その体験がとても重要です。

 

優れた人間関係には、意思疎通が必要であるが、日本人には意思がないので、恣意疎通 (阿吽の呼吸) にならざるをえない。鳥なき里の蝙蝠か。(優れた態度のないところで、つまらぬ態度が幅をきかすこと。)

 

>3精神年齢が低いとどうなるか

>・3-1見える範囲が狭くなる

 

日本人には、世界観 (非現実の三世界) がないので見える範囲が狭くなっています。

 

>子供って自分の感情や欲求が全てですよね。

 

そうでしょうね。子供は、調教されていないアニマルのようなものですね。

 

>つまり視点が「自分の感情と今ココ」しかないんです。>周りにいませんか?

 

いますね。日本人全体が、子供ようですね。マッカーサも、日本人を12歳の少年に見立てていました。

日本語では、現実の内容しか文章にならない。だから、写生画のような言語であります。現実の内容は、見ることができるので、’本当’ の事であるとして信頼されています。非現実 (考え) の内容は、見ることができないので、これは ‘嘘’ になります。誰も嘘つきにはなりたくないから、自己の考えは述べません。受け売りばかりが盛んです。言語による自己表現が難しく、自己実現に難渋しています。

 

>仕事や上司などの愚痴しか言わない人。>こーいう人はまず経営者の視点がありません。>人の上に立つ上司の視点もありません。>職場環境も長期的に考えたらプラスかもしれなくても、長い目で見る視点がありません。

 

日本人は、自己表現・自己実現に難渋していますね。

 

>今ココの感情だけで生きているので、今イライラするならそれだけで不幸だと感じます。

 

そうですね。‘まだか、まだか、まだか’ と待っている。不幸ですね。

 

>3-2相手の立場や気持ちが分からない

>要は相手を冷静に見る余裕が無いので、自分の感情のままに行動し、空気の読めない言動をしてしまいます。

 

忖度を使っていては、相手を正確にとらえることはできませんね。日本人にはリーズン (理性・理由・適当) の概念がないので、理性で感情を抑えることも難しいですね。相手の顔色だけを読むのではアニマル風ですね。

 

> ~後略~ 

 

 

.

 

 

 

 

 

 


閲覧数20 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2018/12/02 20:54
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1201222