1,411万kW/1,991万kW (04/24 22:25)
70%
2019年02月09日(土) 

 

 

>〇音読はインプットとアウトプットが同時にできるトレーニング

>音読をするメガネの女性 >具体的な音読の効果をご紹介する前に、まずは音読についてご紹介します。>音読とは「文章を声に出して読むこと」です。>これはみなさん、言われなくても分かりますよね。>では、音読の何がすごいのかというと、自分の声を発し、その声を聞くという点です。

 

書の意義を介することなく、ただ文字だけを声を立てて読む ‘素読’ という学習法が、昔からありましたね。

 

>つまり、音読はインプットとアウトプットを同時に行えるトレーニングなのです。>これはかなり画期的ですね。

 

そうですね。わが国の伝統的な学習法ですね。

 

>英語を学んでいる上級者はこの音読の重要性を理解しています。>なにせ、一つの行為でインプット、アウトプットの両方を習得できるわけですから。

 

日本語を学んでいる下級者にもこの音読の重要性を理解してもらう必要がありますね。

 

>英語を学習しないにせよ、私たちも日常的にこの音読の効果と恩恵を取り入れるべきです。

 

そうですね。わが国民は漢字の字形と音訓の習得に月日を費やし、肝心の音読の成果が出るのが遅れています。日本語の仮名漢字表記が音読の普及を遅らせているのです。

 

>声を発して良い環境であれば、いつでもどこでも誰でもできます。>以下では音読の持つ具体的な効果や効能についてご紹介します。>この記事を読み終えることには、あなたもきっと音読のとりこになっていることでしょう。

 

音読は、言語の習得法の近道ですね。民には、容易に音読できる易しい表記法が必要ですね。そのためには、日本語をローマ字表記 (alphabet) に切り替えるべきでしょうね。そうすれば、外国人もたちどころに日本語を音読できるようになります。

 

(略)

>そのため、記憶力が高まり、しかも記憶した情報がそれぞれ結び付いて出し入れがしやすくなるのです。

 

日本語の習得に難渋している外国人の技術実習生も音読を簡易化することにより助かりますね。

 

>ですので、音読をする際は、何か覚えたいものを読むと一石二鳥でしょう。

 

技術実習生は、入国の目的に沿った技術書を読むと良いでしょう。

 

>仕事に関連するものやスキルアップや生活に役立つ知識など、自分が興味・関心のもてるものを音読の素材として集めましょう。 

 

日本語を学習している大勢の外国人も大いに助かります。わが国の漢字離れは特に、非漢字圏の日本語初学者の福音となることでしょう。職場内の意思の疎通にも大いに役立ち、日本語の海外普及にも大いに役立つことでしょう。

 

 

.

 

 

 

 

 


閲覧数37 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2019/02/09 15:26
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1201862