1,233万kW/1,853万kW (07/12 05:15)
66%
2020年03月26日(木) 

 

意思のあるところに方法 (仕方) がある。Where there’s a will, there’s a way. だが、日本人には、意思 (will) がない。

意思は未来時制の文章内容であるが、日本語文法には時制 (tense) というものがないので、日本人には意思がない。仕方がないから我々日本人は無為無策でいる。だから、おとなしい。

 ' やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず' 山本五十六 (やまもと いそろく) 

我々のような優柔不断・意志薄弱の人間を動作の活発な人間に鍛えなおすにはどうしたらよいのであろうか。それは精神を鍛えればよいというのがこれまでの方法である。伝統的な武芸の鍛練を通して動作の活発な人間をつくることに力を入れる。しかし、このような方法で鍛えた人間は瞬発力はあるが、理性ある判断力を伴わないので危険極まりない。

 '敗因について一言いはしてくれ。我が国人が あまりの皇国を信じ過ぎて 英米をあなどつたことである。我が軍人は 精神に重きをおきすぎて 科学を忘れたことである'  (昭和天皇) 

 

意思はないが、日本人には恣意 (self-will) がある。そして、本音と建前がある。恣意は、’私意・我儘・身勝手’ であり、本音は ‘恣意’、建前は ‘口実・言い訳’ である。

意思は文章になるから、その内容は吟味は可能である。恣意は文章にならないバラバラな単語 (小言・片言・独り言) のままで存在するから、意味が無く矛盾もない。

全ての考えは文章になる。文章にならないものは考えではない。

司馬遼太郎は、<十六の話>に納められた「なによりも国語」の中で、片言隻句でない文章の重要性を強調しています。

「国語力を養う基本は、いかなる場合でも、『文章にして語れ』ということである。水、といえば水をもってきてもらえるような言語環境 (つまり単語のやりとりだけで意思が通じ合う環境) では、国語力は育たない。、、、、、、ながいセンテンスをきっちり言えるようにならなければ、大人になって、ひとの話もきけず、なにをいっているのかもわからず、そのために生涯のつまずきをすることも多い。」

 

意思は頭の中にある。それは、見ることができない。意思は頭の中にたまる。その文章内容を議論することが可能である。意見交換もできる。論理がある。結論がでる。意思には疎通がある。

恣意は腹の中にある。それは、見ることができない。恣意は不定形の内容のままで腹にたまる。そのどろどろした内容を談合して (腹の) 探り合いをする。論理はない。腹をくくって決着する。恣意にも疎通がある。これは ‘阿吽の呼吸・つうかあの仲’ と呼ばれている。

文章内容には理解が対応している。意思疎通により意思決定 (理性判断) を行うことができる。意思決定に対して責任を負う人が存在する。自己の意思を表明すれば、当事者・関係者となる。表明しなければ、傍観者にとどまる。

この国がひっくり返った時にも責任者は出なかった。わが国は世界の中にあって、世界に属していない。

空気・雰囲気には忖度 (推察) が対応している。恣意疎通を生かして我々は恣意決定 (盲目の判断・どんぶり勘定) をする。恣意には責任を負う人はいない。

意思がない。だから、責任 (当事者能力) がない。社会には、ただ世俗的な序列順位だけが存在する。その順位に異常な関心が集まって、順位競争・入試地獄が出現する。

日本語には、階称 (言葉遣い) というものがある。’上と見るか・下と見るか’ の世俗的な判断が疎かな人は、日常の日本語会話にも支障を起こすほどの重要なものである。

日本人の礼儀作法も序列作法になっているので、世俗の上下判断 (序列判断) に疎い者は礼儀正しい日本人にもなれない。日本人の世の中は、’序列なきところに礼儀なし’ である。

わが国では、‘下の者ほど割が悪い’ 仕来りが制度になっているので、人も神も特に序列判断に対しては神経質になっている。序列判断に疎い者に対しては、容赦なく人も神も祟る (仕返しをする) 。だから、世俗の序列判断は、日本人にとって大切である。

‘人を見損なってはいけない’ という想いが高じて強迫観念の域にまで達しているので、日本人は堅ぐるしい日常生活を送っている。

お陰様で序列の存在を知れば、一も二も無くそれは非常に価値ある存在だと思い込むようになっていた。戦前は、神武 (じんむ)・綏靖 (すいぜい)・安寧 (あんねい) ・懿徳 (いとく) ・・・・と学生は天皇名を暗記した。

 

英米人は、日本語を話す時でも意思を失うことは無い。閉塞感に苛まれることもない。英文で考えて日本文で表現する形式にすれば、意思・世界観の表現は我々日本人にも可能である。我々日本人は日本語と英語の両言語を良く学び、時制の重要さを深く理解しなければならないでしょう。世界観と意思を明らかにする方法を獲得すれば、相手からの信用も得られます。さすれば、未来社会に対する建設計画にも国際的な協力が可能になる。かくして、我々日本人も国際社会の重要な役割を担う一員として人類の進歩に貢献できる。だから、語学の勉強は大切である。

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 


閲覧数35 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2020/03/26 14:56
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1205287