1,731万kW/2,211万kW (10/24 13:15)
78%
2018年04月09日(月) 

 

 

>■□■くらべて一喜一憂しても仕方がない

>試験の答案用紙を、隣の子どもに覗かれないように腕でかくして、顔を近づけて書いている子がいる。

 

私も、答案用紙を隠していました。

 

>わたしの小中学生のことにもそういう子がいたし、いまの学校にもいるようだ。>覗かれて、隣の子どもがいい点をとると、自分が損をすると思うからである。>でも、どうしてそれが損になるのだろうか…。

 

いずれ、入学希望者の選抜試験を受ける身の上ですからね。相手が上位であることは、自分の損になる事は明らかです。

 

> 試験というものは、本来は自分の成長度を確認するためのものである。>漢字のテストであれば、以前とくらべて自分はどれだけ漢字を覚えたかを確認し、よかったときは喜び、悪かったときはこれからがんばろうと思う。>そのためのテストだ。>隣の子が何点とろうが、自分位は関係ない。

 

そうですね。あるべき姿は、マイ・ペイスの成長ですね。

 

>それなのに、現在の学校では、子どもたちを競争させるための試験が行われている。

 

教育を盛んにするために、学校は子供の向上心をあおるのですね。これも学校の手柄かな。

 

>そんなことをするから、学校が刑務所さながらになってしまうのだ。>子どもたちに学習の喜びがない。

 

そうですね。個性を無視された競争ばかりをさせられているから、こどもたちには学習の喜びがありませんね。

 

>子どもたちが学校で味わうものは、他人との競争に勝った、負けたの優越感、屈辱感でしかなくなっている。

 

縦社会に生きる序列人間は、優越感と屈辱感の連続生活ですね。

 

>これは、農耕民族であった日本人の宿命かもしれない。

 

‘隣の芝生’ の様なものですかね。

 

>日本人は、隣の田んぼばかりを見て暮らしてきた。>隣の田んぼより自分の田の稲の実りが悪ければ、どうも恥ずかしいと思い、自分の田が成績がよいと安心する。>かといって、あまりに成績がよすぎても、隣のやっかみを買うのではないかと心配する。>いつも判断の基準が隣なのだ。

 

日本語には、階称 (言葉遣い) というものがある。だから日本語を話す時には、’ものの上下’ を考えざるを得ない。要は比較の問題である。

英米人であれば、’あるべき姿’ と ‘今ある姿’ の比較になる。だが、日本人は無哲学・能天気であるから、’あるべき姿’ が無い。それで、日本人にもある ‘今ある姿’ 対 ‘今ある姿’ の比較になる。それで、基準が隣になることが多い。

 

>とっくの昔に、日本は農業人口が三パーセント以下になってしまって、日本は農業国ではなくなった。>そのかわりに、世の親たちは、稲ではなく子どもの成績のくらべっこをしているらしい。>子どもたちがかわいそうだ。

 

そうですね。これは大人の責任ですね。言葉に無頓着な日本人の性癖か。親たちの反省が必要ですね。日本人の反省が必要ですね。

 

><<「隣と比較して勝ちや負けか」が、判断基準になってはいないか。>>

 

そうですね。とかく話がちいせえのう。これも無哲学・能天気のせいでしょうね。

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数110 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2018/04/09 10:17
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1198928