1,318万kW/1,755万kW (06/19 22:00)
75%
2021年06月09日(水) 

 

 

>いち早くアメリカ型のOJT を取り入れたのはやはり競争の激しい民間企業であった。 >戦後は大学の数がふえたこともあって、大卒がめずらしくなくなったこともあるが、民間企業では大卒は別に特別扱いされるようなこともなくなり、東大などを出たからといって特別なエリート教育を施すこともあまりなくなった。 >出身大学や学歴に関係なく、職務において優秀である、と認められたものが出世をするようになった。

 

我が国も実力主義の世の中になったのですね。    

 

>そうでなければ厳しい企業間競争に勝ち残れなくなったのである。> 本来人間の能力というのはペーパー試験では測れない。

 

そうですね。ペーパー試験は序列順位を決めるための単なる方便ですからね。   

 

>ペーパー試験だけで職務において優秀であるかどうかはわからない、ということはおそらく戦前からもわかってはいたのであろうが、国富の乏しい当時の日本にあってはアメリカのようにOJT で悠長に優秀な人物を見つけ出す余裕はなかったのであろう。  

 

我が国は序列国家 (縦社会) ですね。上意下達の習慣がある。縦社会には縦社会としての序列順位の決め方があります。それは同次元 (没個性) の順位争いですね。没個性はわが国の発展の足かせになります。   

 

>最善の策とは思えないが、とにかくペーパー試験を課すことによって優秀であると思われた少数の人物を若い時期からリクルートして乏しい社会資源を彼らに集中してトレーニングするしかなかったものと思われる。  

 

そうですね。我が国は資源小国ですからね。資源不足を補うために人材の活用が期待されますね。しかしながら、わが国には人手不足はあっても、頭脳不足の話しはついぞ聞いたことがない。天下の秀才が多数輩出されたからでしょうね。わが国において頭脳の活用は聞いたことがない。

 '敗因について一言いはしてくれ。我が国人が あまりの皇国を信じ過ぎて 英米をあなどつたことである。我が軍人は 精神に重きをおきすぎて 科学を忘れたことである'  (昭和天皇)    

新型コロナとの戦いにわが国は勝てるか。   

 

>そのためにペーパー試験には秀でてはいても本来職務能力に乏しい人間がエリート扱いされたり、逆に優秀なる能力を持っているのにたまたま若い時期の試験などに失敗してエリート路線に乗りそこなってあたらその能力を使う機会がなかった者がでるなど、人材のロスは相当あったと思われる。>(一番それが露骨に現れたのが旧陸海軍であろう) 

 

人材のロスはどうして旧陸海軍に露骨に現れるのですかね。   

 

> 戦後になり、日本も豊かになるにつれてアメリカ型のゆとりある人材教育ができるようになった。  

 

我が国のがり勉は無くなったのでしょうか。がり勉はわが国民の処世術ですね。       

 

>また企業間同士の競争、国際競争が激しくなるにつれ、戦前型の人材教育に伴うロスは無視できないようになり、コストをかけてでも真に優秀なる人物を上にあげていかなければ企業もたちゆかなくなったのである。>こうしたことが戦後日本でアメリカ型の人材教育がおこなわれるようになった原因であろう。

 

思考停止と暗記万能の人間にできることは他人の受け売りの専門家になることだけですね。このような状態ではわが国の進歩は期待できませんね。        

イザヤ・ベンダサンは、自著<ユダヤ人と日本人>の中で、我が国の評論家に関して下の段落のように述べています。

評論家といわれる人びとが、日本ほど多い国は、まずあるまい。本職評論家はもとより、大学教授から落語家まで (失礼! 落語家から大学教授までかも知れない) 、いわゆる評論的活動をしている人びとの総数を考えれば、まさに「浜の真砂」である。もちろん英米にも評論家はいる。しかし英語圏という、実に広大で多種多様の文化を包含するさまざまな読者層を対象としていることを考えるとき、日本語圏のみを対象として、これだけ多くの人が、一本のペンで二本の箸を動かすどころか、高級車まで動かしていることは、やはり非常に特異な現象であって、日本を考える場合、見逃しえない一面である。 (引用終り)     

 

>戦前型のエリート教育の残る世界   

> こうして日本でも民間企業は競争に勝ち残るためにアメリカ型の人材教育にシフトしていったが、現在でも戦前型のエリート教育が残っている世界が二つある。 >役人の世界と医療界である。 >ともにコスト意識のあまり働かない世界である。

 

役所も病院も赤字経営ですね。どちらも崩壊しないことを願います。      

 

 

 

.

 

 

 

 


閲覧数21 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2021/06/09 21:07
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1208921