1,927万kW/2,348万kW (01/23 14:55)
82%
2021年12月24日(金) 

 

 

>362165        英語を第二公用語に、だと?「日本の外務大臣が、在日外国人に参政権を与え、英語を第二の公用語にすると声明」 >匿名希望     20/11/30 PM01 【印刷用へ】

>リンクより抜粋です

>●11月25日の海外メディアの報道より リンク 

>『有能な人材が世界から日本に集まり、ここで世界に向けてサクセスストーリーが生まれるという国家を目指すべきです。  >このための具体的な政策課題として  >(1)英語を第2公用語にする  >(2)定住外国人に地方参政権を与える  >(3)インターネットの接続料はじめ知的生産活動の基本コストを諸外国並みにする  >(4)日本の制度やシステムの中で国際基準と合致しないものを一括して見直す―の4点を提案したいと思います。』 >◆英語を第二公用語に、だと? >これは 3月のものらしく、ずいぶん以前のものなのですが、今となって、海外で報じられているということになっていますが、「英語を第二公用語にする」とか、「定住外国人に参政権を与える」などの話が出ていることは私も始めて知りました。

 

茂木氏の宣伝が足りないのですかね。    

 

>冒頭の英語メディアの内容もご紹介します。 >●日本の外務大臣が「日本を多様な多民族社会に変える」計画を発表  >『彼は在日外国人に投票権を与えたいと述べている』 >日本の外務大臣が、日本への大量移民を奨励し、外国人住民に投票権を与えることにより「日本を多様な多民族社会に変える」計画を発表した。  

 

明るい見通しですね。   

 

>茂木氏は自民党の政治家であり、2019年9月から国の外務大臣を務めている。 >茂木氏は質疑応答の中で、自らの「国家ビジョン」は「 21世紀の日本を、世界中からの大量移民によって多様化した多民族社会に変えること」を意味すると述べた。 >彼によれば、これは、「英語を日本の第二言語」として成文化し、「居住外国人に参政権」を与えることによっても達成されるという。 

 

攘夷派の人は茂木氏の意見に賛成しないでしょうね。しかし天然資源に乏しく、貿易に頼らなくてはやっていけないわが国の事ですから、外国人とうまく付き合う方策には磨きをかける必要がありますね。      

 

><中略>

>メディア「デイリービースト」の記者ジェイク・エーデルスタイン氏は、日本では、移民が限られており、民族的に均質な日本では非常に犯罪率が低く、銃撃事件は毎年一桁のままであると認めたが、これは警察および銃規制法が強いためだと主張している。

 

我が国民は均一なメンタリティで個性的でない。そして出る杭は打たれる。だから、自己実現の難しい環境になっている。          

 

>エーデルスタイン氏は、日本では「外国人排斥が深まっている」と主張し、少子化を理由に「国として生き残り繁栄するためには、多民族社会を構築する」ことを求めている。

 

そうですね。日本人のメンタリティは尊王攘夷でしょうね。なれ合いを喜ぶ人達は、人見知りをする人達でもありますね。内弁慶では国際社会に通用しませんね。          

 

><中略>

>茂木氏が主張する方法が実現すれば、日本にとっての民族的多様性が、果たして「国家としての強みとなるかどうか」を、茂木氏自らが見出すことになるのかもしれない。 >ここまでです。

 

有能な人材をわが国に集めることは、日本にとっても有利なことですね。わが国は ‘人手不足はあっても頭脳不足のない国柄’ ですからね。考え方を変える必要がありますね。      

 

>この中の、>> 1995年から 2050年までに 3350万人の移民を必要とする  という数字にはクラクラするものがありますが、ショッキングなのは、「英語を第二公用語とする」という日本のトップ政治家による談話で、「日本人自らが GHQ みたいなことやってどうする」というようにも思いますけれど、こういう人たちって、「日本語の特殊性」というものを考えたことがないのですかね。 

 

日本語の特殊性とは何なんですかね。生き残るために移民を必要とするという結論は動かせないようですね。英語を第二の公用語にすれば、学生時代の英語の勉強にも励みが出ますね。国力がとことん落ち込む前に我が国の意思決定が必要ですね。一億総玉砕の覚悟は真っ平御免ですね。       

 

>おそらく、世界中のあらゆる言語と異なる言語である日本語を使っている日本に、他に公用語なんて必要なわけがない。  

 

日本人は自分たちの考えを効率よく世界に伝える必要がありますね。   

我々日本人は日本語と英語の両言語を良く学び、思考における時制の大切さを十分に理解する必要がありますね。英語にある時制 (tense) を使った考え方を会得すれば、我々は自己の意思 (will) を明らかにすることも可能になるし、自分自身の世界観 (world view) を持つことも出来ます。さすれば我々は国際社会において相手の理解も得られ、未来社会の建設に協力することも可能になります。かくして、我々日本人は、人類の進歩に一層の貢献が可能になるでしょう。 

『有能な人材が世界から日本に集まり、ここで世界に向けてサクセスストーリーが生まれるという国家を目指すべきです。 このための具体的な政策課題として (1)英語を第2公用語にする (2)定住外国人に地方参政権を与える (3)インターネットの接続料はじめ知的生産活動の基本コストを諸外国並みにする (4)日本の制度やシステムの中で国際基準と合致しないものを一括して見直す―の4点を提案したいと思います。』 (茂木敏充外務大臣)   

我が国の ‘漢字かな’ は世界中何処の国に行っても通用しない。特にローマ字 (alphabet) の代わりに仮名を使用することには害毒がある。仮名漢字表記による学習で自分は世界に通じていると思い込む。だが、これは事実ではない。勝手な解釈により世界に関する独りよがりの解釈は避けられない。私は宿泊先のアメリカ人の名前は知っている。しかし、その綴り方は分からない。つづり字を考えることのない日本人の記憶方法だからである。このような文盲に近い体験の仕方では外国人との文通もできない。地図を見て探すことも難しい。かな書き英語が我が国民の国際化を果てしなく遠ざけているということができる。  

国語の勉強は読み書きの練習である。ところが、日本語のかな漢字表記は難しい。特に漢字の字形と音訓の習得に月日を費やし、目的の勉学の成果が遅れている。とりわけ漢字圏以外の国から来た外国人には日本語の漢字は難しい。日本語をローマ字表記にすれば彼らもたちどころに日本語を読めるようになる。読み書きが自由になると一人前の大人として活躍できる。筆記試験でも真の実力が発揮できる。外国人の能力に関してより公平な評価をする社会が我が国内に実現する。ぜひローマ字表記を法制化してもらいたい。   

 

.

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 


閲覧数60 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2021/12/24 20:43
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1210182