2,053万kW/2,403万kW (08/18 15:45)
85%
2019年08月14日(水) 

 

 

 

 

> 日本って、「自分は人見知りなんだ」って自己申告してくる人多すぎませんか? >感覚的には10人中8人くらいが臆面もなく人見知りアピールをしてくるんですけど、本当に日本には人見知りばっかりなんでしょうか?

 

そうですね。日本語は、相手の上下を知らないと話しかけられませんからね。それを知らせているのでしょう。

 

>なんでみんなが「人見知り」を自称するのかについて、考えてみました。

 

それは、興味ある課題ですね。

 

>■日本はなぜ自称「人見知り」ばかりなのか

>人見知りっていうのは、主に初対面の人間に対してうまくコミュニケーションできない性格のことを指します。

 

そうですね。

 

> 子どもなら「恥ずかしがりや」、大人なら「内気」と言われます。

 

日本人は、本当に、大人になっても恥ずかしがり屋ですね。

 

>子どもならまだしも、本来いい年をした大人なら「人見知り」であることは決して威張れることではありません。 >それなのに、日本ではみーーーんな「人見知りなんだよね」と申告してきます。 >本当、かなりの確率で。 >なぜみんな堂々と「人見知りだ」と自分から主張するのか。

 

それは、相手に気楽に話しかけることができないからでしょう。

 

>人見知りをしないわたしからすれば、ずっと不思議でした。

 

あなたの場合は、例外に近い日本人でありませんか。

 

>■自分の立ち位置がわからないと話せない日本人

>そんなわたしですが、『「空気」と「世間」』という本のなかで、おもしろい主張を見つけました。 >日本人は「世間」の保障がないまま、知らない相手とコミュニケイションを取る、ということがひどく不得手なのです

 

そうですね。日本語には、階称 (言葉遣い) というものがありますから、’上と見るか・下と見るか’ の判断ができないと、正しい日本語は話せませんね。

 

>「世間」の定義は長くなるので触れませんが、要は相手の立場や年齢を知った上で「自分はどういうポジションで話すべきか」を理解しないと、日本人はコミュニケーションできないというのです。

 

世間というのは、わが国の序列社会のことでしょうね。

 

 (略)

>■立ち位置がわかれば空気が読める

> そうすると、「なんで立ち位置がわからないと話せないのか」って疑問に思いますよね。

 

日本語は、欧米の言語とは、違いますからね。

 

(略)

>でも相手に関してノーヒントだと、読むべき「空気」が形成されていません。>だから「なにをどう話していいかわからない!」っていう人が多いんじゃないかな。

 

日本人の話題は、一般的な共通認識に基づいています。曖昧な言語を使います。感情的に恣意決定されます。英米人の場合は、情報の内容は言語そのものに基づいています。正確性が必要とされる言語使っています。論理的に意思決定されます。

 

>■空気を判断するまでの時間稼ぎが「人見知り」

> 「この人と自分はお互いどういう位置に立って話すべきか」が決まらないと、その間に流れる「空気」もよくわかりません。>だから、とりあえず「空気」が形成されるまで様子見をする。

 

様子見は、日本語という高文脈文化の言語を使う人の特徴でしょうね。

 

>自称・人見知りでも、接客業をしてる人はたくさんいます。>それは「店員」と「客」という立場がわかっているから話せるんじゃないかと思います。

 

そうですね。商売は、他人行儀で話をすれば問題無いでしょう。

 

>■人見知りではない!と言える人は空気を作る側

>じゃあ逆に、「人見知りではない」と言う人は、どういう人なのか。>それは、空気を読む必要がないと思っている人、自分で空気を作れちゃう人です。

 

そうですね。欧米人は、空気を読まない。日本人は、読む。

それは、高文脈文化と低文脈文化の違いだそうですよ。

我が国のような《高文脈文化》の特徴としては、’言葉以外に状況や文脈も情報を伝達する’。’重要な情報でも言葉に表現されないことがある’。だから、言語機能だけでは、話者は情報伝達に不安を感じています。

欧米のような《低文脈文化》の特徴としては、 ‘伝達される情報は言葉の中で全て提示される’。だから、話者は言語の伝達機能に万全の信頼を寄せている。

 

>わたしは、日本人にはまったく人見知りしません。> 初対面の人と出会うと、どれだけ早く仲良くなれるかに全力を注ぎます。

 

それには、使用言語の特性に大きく左右されますね。自分は日本語の短所を克服しても、相手の日本人はそれを見習うとは思えませんね。我々日本人には、もっと大きな改革を必要としているようですね。

我々日本人は、日本語と英語の両言語を良く学び、低文脈文化の言語の特性をも理解する必要がありますね。言語の使い方そのものにも、違った使い方があると言うこと。空気の研究でなくて、言語そのものの研究が必要ですね。これは、これまでの努力の方向の転換を意味します。だから、大きな改革です。

 

(略)

 

 

.

 

 

 

 

 

 


閲覧数6 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2019/08/14 00:57
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1203571