1,396万kW/1,712万kW (05/30 14:50)
81%
2020年05月19日(火) 

 

 

>356930 日本人のホンネ~日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存している~  >八千頭身 ( 23 会社員 )  20/05/18 PM10 

>京都精華大学サコ [Oussouby SACKO] 学長のコロナ禍に対する日本の動きについて意見を述べている。

 

わが国にしては、彼は異色の教育者ですね。

 

> 日本は自治体レベルでも共同体が崩壊してしまい、国の指示をただただ待つことしかできない状態にまで成り下がっていしまっている。

 

そうですね。わが国は序列人間の社会で成り立っていますから、序列関係を破壊すると指示待ち人間ばかりになりますね。

 

>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>引用リンク:リンク

>日本は政府の決断が脆弱で、どこまで責任を持つのかはっきりしないため、国民が迷っています。

 

そうですね。日本人には意思がない。だから意思決定もできない。

意思は未来時制の文章内容であるが、日本語の文法には時制 (tense) というものがない。だから、日本人には意思 (will) がない。優柔不断・意志薄弱に見える。

意思のあるところに方法 (仕方) がある。Where there’s a will, there’s a way. 日本人には意思がないので方法がない。仕方がないから無為無策のままでいる。

 ' やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず' 山本五十六 (やまもと いそろく) 

 

>何かあったときに「お前のせい」と言われることを恐れ、動けない。

 

日本人には意思がないのであるから、意思決定 (理性判断) には難渋している。だから、日本人は説明責任が取れない。’お前のせい’ では困る。

 

>この不安定な状況は、政府の決断能力と意思決定プロセスに関係しています。

 

そうですね。無意思の人は決断能力に困りますね。意思の無い人に意思決定プロセスはありませんね。想定外になっています。

 

> 今の政治家の一部は現場感覚や想像力に欠け、市民生活を考えれば当然必要な休業要請と補償をセットにしていません。>ほかの国のように半年間、光熱・水道費や税金をゼロにするなどの有効な方法も取らず、政策がインパクト重視でポピュリズム的と言われても仕方がないでしょう。

 

そうですね。日本人は現実直視ができていませんね。だから、現実対処もできません。その代わりに歌を詠む。すると、国民の受けが良い。

 

> 「いかに有権者にいい顔をしながら期待される決断をするか」という意図だけが伝わってきて、結局は自分たちが損をしない範囲のことしかしないとわかってしまったため、国民の気持ちが離れています。

 

そうですね。内閣は支持率ばかりを気にしていますね。政治哲学がない。だから、処世術が前面に出る。信頼が得られない。

 

> 問題になった安倍首相が犬を抱いてお茶を飲む動画も、自国民が何百人と感染すれば眠れないほどの悩みになるはずで、国民への気持ちはその程度だと宣言したようなものに思われてしまった。> 本当に国民を思うなら、自分のクビが飛んでもいいくらいの覚悟で大胆な政策を発表してほしいと、国民は期待しているはずです。

 

とにかく無哲学・能天気の人間は、処世術に精を出すしか方法はありませんね。政治音痴は治らない。

 

> 政府と地方自治体の権限の範囲や意思決定も複雑です。

 

意思のない人たちの意思決定は複雑になりますね。人々は意思の内容に注意を集中できない。事の次第・成り行きでその決着を待つことになる。呑気な人たちに見える。

 

>国には、決めたら責任を持たないといけないという意識が働き、自治体は、国より先に勝手に決めると責任を持てないと考える。

 

雉も鳴かずば打たれまい。出過ぎた真似をしてはならない。兎角この世は無責任。

 

>国の決断を待たずとも責任と強いリーダーシップで決められる権限を地方に与えるべきです。

 

日本人には意思がない。だから意思の内容は議論にならない。野放しになる。日本人は、自然現象の中に置き去りにされる。

 

> 興味深いのは、日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていることです。

 

‘他力本願・神頼み’ は昔からのわが国の風習です。無意思の人間には、これしかありません。

 

>アフリカも政治不信は同じですが、まだギリギリ地域共同体が機能し、地域の動きを政治家が利用してサポートする例が見られます。

> 昔の日本は、京都の地域住民が国に先駆けて小学校をつくるなど共同体の力がありましたが、今は自治会レベルでも国の決断を仰いでいる。

 

部落の長老は力を失った。序列による協力関係は破壊されました。何でも総理・県知事・市長が決める。指示待ち人間でなければ務まりませんね。

 

> 共同体が壊れ、相互扶助もできなくなっています。 

 

そうですね。村の組織は破壊されましたからね。部落という言葉まで無くなった。 

 

 

.

 

 

 

 

 


閲覧数16 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2020/05/19 04:17
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1205827