1,280万kW/1,837万kW (06/06 22:35)
69%
2020年04月06日(月) 

 

 

(略) 

>新井信介「京の風」リンク より引用します。

> 官僚の「忖度(そんたく)」支配。 >これを続けるの? >司法もその仲間?無責任体制の根源はここ。

> (前略)

> 今回の森友学園の認可と、国有地の払い下げが、どれほど異常なスピードで進められたものであったか、作新学園の船田元議員がテレビで指摘していました。 > 官僚たちが、時の権力者の思いを忖度する。 >そして、国家の許認可のために、一斉に動く。

 

実況放送・現状報告の内容ですね。

 

> 明治維新後、神聖不可侵の「天皇」の絶対権威を使って、権力者(軍部・官僚・財界)の意向を、臣民に強制した。>このときから、官僚たちの「忖度」は始まっている。

 

上位のものに対する ‘おもてなし’ の作法でしょうね。

 

> 戦前の反省から始まったはずの戦後の日本国家は、主権在民のはずだったが、「忖度」は、そのまま残っていた。

 

日本人には ‘理解’ というものが存在しない。だから、’忖度’ はそれを補うものとして存続するでしょうね。

 

>このときの総理大臣が、当然、日本国家では最高権力者だったが、その人間が指示を仰ぐ人間がいれば、「忖度」は、その指示の発令者に向かっていく。 >自民党の結党時から、そこには、アメリカのCIAがいた。 >田中角栄以後は、さらに詳細に指示を出すジャパンハンドラーがいたのだろう。

 

そうでしょうね。

 

>では、民主党政権のあとの、第二次安倍政権のときに、なぜ、これが異常に膨らんだのか? >しかも、メディアまで、完全に従わせた。 

 

第二次安倍政権になってから下々に対する締め付けが強化されたのでしょうね。

 

> 「忖度」で、行政の各司(つかさ)の担当責任者が、どんどん法の枠を越えて、物事を進める。 

 

出鱈目にも程がありますね。

 

>これに対するチェック機能が、全くなかった。

 

日本人には批判精神 (critical thinking) がないからでしょう。

 

>司法も、「忖度」する側=官僚の味方だった。

 

皆さん同じ穴のムジナですね。

 

>そして、この日本列島には、それを正す手段がなかった。

 

日本人には、不正を不正と正しく指摘するほどの見識はないですね。’長い物には巻かれろ’ ということです。

 

>今回、アメリカにトランプ政権ができて、ようやく露見した。 >つまり、これまでは、皆、少しでも権力に近づくものは、この「忖度」の輪の中に入っていたのだ。

 

トランプ大統領とはなれ合うことができませんね。

 

>この状況を正すとすれば、それは、行政の最高権力者個人の、人間性、人格、力量に頼るしかないのか? 

 

そうですね。わが国には、傑出した人物が必要ですね。猫背をした人間ばかりではどうにもなりません。

 

>この部分を、法的に、規制できないのか?  

 

法の枠を越える常習犯ばかりの国では法的な規制できませんね。

 

> 少なくとも、今回の森友学園の校舎建設に関わる、3通の契約書を存在させ、それを許したままにする、国家の制度(行政のありかただけでなく、司法も含める)では、「私物国家」のそしりが、今後も続く。 > 悲しいことだ。 

 

無為無策でありながら自分の身の上を嘆くのは、わが国伝統の作法のようなものでしょう。

 

> 中央集権化の中で、国有財産の分配のみならず、軍事行為も、エネルギー政策も、農業も、医療も、国民とは離れて、「忖度」官僚たちが制度をかってに運用し、実態を作っていく。

 

日本人には現実しかありませんね。  

 

>しかも、結果に対し、だれも責任をとらない。

 

兎角この世は無責任。序列作法の前には責任観念というものがない。

 

>こんな統治体が、世界の中心になれるはずはない。

 

そうですね。理解がなくて忖度 (推察) のある国では世界の中心にはなれないでしょうね。

カレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、<日本/権力構造の謎・上> の <ジャパン・プロブレム> 中で、日本語の”理解”について下記のごとく述べています。(p.59)

 

“信念”が社会・政治的状況によって変わり、”リアリティ”も操作できるものであるとすれば、多種多様な虚構 (フィクション)を維持するのはかなり容易になる。このような虚構によってもたらされる国際的な言語表現上の混乱は、日本の評論家や官僚が”理解”ということばを口にするときの特別な意味づけによって、さらに複雑になる。”相互理解”をさらに深めることかが急務である、という表現をもって強調されることが多い。

ところが、たとえば日本語で「わかってください」というのは、「私の言っていることが客観的に正しいかどうかはともかく、当方の言うことを受け入れてください」という意味の「ご理解ください」なのである。つまりそこには、どうしても容認してほしい、あるいは我慢してほしいという意味が込められている。したがって、このように使われる場合の”日本語”の理解は、同意するという意味になる。だから、”理解”の真の意味は、その人や物事を変えるだけの力が自分にない限り、そのままで受け入れるということである。、、、、、(引用終り)

 

>----------------------------------------------------------------

>引用おわり 

 

 

 

 

 


閲覧数25 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2020/04/06 18:27
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1205401