1,175万kW/1,884万kW (09/22 03:50)
62%
2020年08月11日(火) 

 

 

>“民主の女神”周庭さん、逮捕前最後の日本人へのメッセージ SNSでは抗議の声「戦前の日本と同じ」 >LINE共有ボタン >2020年8月11日 17時30分  >ABEMA TIMES   

> 8月10日夜、2014年の香港の民主化デモ「雨傘運動」を主導した学生団体の元幹部、アグネス・チョウこと周庭(しゅう・てい)さんが国家安全維持法違反の疑いで香港警察に逮捕された。 

 

残念至極ですね。

 

> 【映像】香港警察に逮捕・護送される周庭さん(23)の姿(1分40秒ごろ~)

>「恐怖感に負けずに引き続き自分の信念、私たちが信じている自由と民主主義のために戦っていくことがとても大事だと思っています。

>これからも一生懸命香港人の自由そして民主主義を守るために頑張っていきたいと思いますので、日本の皆さんも世界の皆さんも私のことだけではなく他の香港の若者たちのことにも注目していただきたいと思っています。

 

そうですね。注視する必要がありますね。  

 

>ありがとうございました」(周庭さん)

> 周さんはこれまでも流暢な日本語を使い、日本に対しても運動への支持を訴えていた。

>違法集会を扇動した罪などに問われた裁判で有罪判決を受けていたが、今度は、国家安全維持法に違反した疑いで逮捕された。  

 

私は香港の民主化運動を支持します。中国政府は言論の自由が嫌いですね。彼らは議論・対話はできないでしょうね。  

 

>また、香港警察は、中国に批判的な論調で知られる新聞「リンゴ日報」の創業者・黎智英(れいちえい)さんなど、周さんを含め男女6人を逮捕。

>周さんらを逮捕した理由について、香港警察は「外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた容疑を適用した」としている。 

 

中国は外国嫌いですかね。  

 

> はたして民主化を訴えることは、国家の安全に危害を加えることなのだろうか。 

 

権威主義の国ですから、民主化は危険思想ということになりますね。権威主義と民主主義は共存できませんからね。  

 

>“民主化運動の女神”の逮捕にTwitterでは「#周庭氏の逮捕に抗議する」「#Free Agnes」といったハッシュタグがトレンド入りした。> SNSでも「民主化を訴えるだけで逮捕。>戦前の日本と同じ。

 

そうですね。香港の警察は大日本帝国の特高警察と同じですね。わが国の特高警察はアメリカ人により潰されましたね。 今日も学校に行けるのはアメリカさんのお陰です。 

 

>大好きな香港から自由が失われてしまった」

 

香港人に自由があったのは、英国人のお陰ですね。

 

>「彼女はたったの23歳。>日本のアイドルや邦楽を愛する普通の女の子が人権自由というごく当たり前の権利のために声を上げただけで無期懲役を受けかねない。 

 

本当に中国はべらぼうな国家ですね。

 

>こんな理不尽な国があってたまるか」などの声が相次いでいる。 

 

そうですね。理不尽な国はこの他にもたくさんあるでしょうね。彼らはお互いに助け合ってゆくでしょうね。

 

> 6月末、自身のTwitterに「絶望の中にあっても、いつもお互いのことを想い、私たちはもっと強く生きなければなりません。 >生きてさえいれば、希望があります」と書きこんでいた周さん。 

 

本当に生きていることが大切ですね。  

 

> 「一国二制度」という複雑な社会で育ってきた香港の若者たちに今、この言葉はどう響くのか。 

 

約束を守る意思のない人たちの制度は当てになりませんね。制度そのものが私たちを守るのではない。人間のそのものが人間を守る。横断歩道そのものが歩行者の安全を守るものでないのと同じようなものですね。   

 

>周さんは、日本人に向けて発信した最後のツイートでこう呼びかけている。 >「日本の皆さん、自由を持っている皆さんがどれくらい幸せなのかをわかってほしい。 >本当にわかってほしい...」 

 

そうですね。我々日本人は、自由を自分自身の手で獲得したわけではありませんからね。ただ、アメリカ人から与えられたものです。我々日本人は幸せではありますが、その作り方は理解していませんね。

 

>(ABEMA/「ABEMAヒルズ」より)

 

 

.

 

 

 

 

 

 


閲覧数35 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2020/08/11 22:06
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1206456