1,290万kW/1,559万kW (05/26 11:05)
82%
2024年05月12日(日) 

 

>読売新聞   >イスラエル寄り外交姿勢に不満、米政府職員の抗議辞職相次ぐ…「内側から何を言っても変わらない」   >読売新聞によるストーリー・   >15時間   

> 【ワシントン=池田慶太】パレスチナ自治区ガザで続く戦闘を巡り、米政府のイスラエル寄りの外交姿勢への不満から辞職する連邦政府職員が相次いでいる。   

>国務省を離れた2人が本紙の取材に応じ、自責の念から辞職した経緯や、4月に多くの政府職員が辞職したことを明らかにした。   

 

我が国ではありえないことですね。日本では自殺でしょうね。      

 

> 国務省でアラビア語担当報道官だったハラ・ラーリットさん(41)は4月末、18年間の外交官キャリアを捨てて辞表を出した。   

>職業外交官では初の「抗議辞職」で、省内には衝撃が広がった。   

>辞職後初めて外国メディアの取材に応じたラーリットさんは「内側から何を言っても政策は変わらず、疲れ果てた」と打ち明けた。   

 

日本と逆ですね。わが国では ‘内側に入って意見を述べろ’ ですね。      

 

> 2022年からアラブ首長国連邦(UAE)を拠点にアラビア語メディアへの対応を任され、政府の「顔」として100件以上のインタビューをこなした。   

>だが、イスラエルがイスラム主義組織ハマスへの報復攻撃を始めた昨年10月以降は取材を拒むようになった。   

>イスラエルに軍事支援を続ける米国は、中東各地で「子供殺し」「悪魔」とレッテルを貼られた。   

>「人道支援を含め米国の全てが批判された。   

>取材に応じても米国をより憎むように人々を仕向けるだけと感じた」と話す。   

> 国益のためと思って取材を拒否した決断に対し、ワシントンや上司の反応は冷たかった。   

>仕事を拒否したと非難された。   

 

何事も大統領の言う通りですね。政党政治ですからね。反対者は政府職員の中から一掃されますね。        

 

>中東での反米主義の高まりに対して警鐘を鳴らす報告書を連日ワシントンに送り、軍事的手段に頼らない外交を提案し続けた。   

>しかし、相手にされず、周囲から「沈黙させられた」という。   

 

職場は議論の場ではないですね。実行の場ですね。議論は議会でやっている。      

 

> 国務省で武器輸出を担当する部局に勤め、ハマスの越境攻撃から約10日後に辞職したジョッシュ・ポールさん(46)は「ホワイトハウスや国務省の上層部から、イスラエルの要請に応じて早期に武器移転を承認するよう圧力があった。

>政策を議論する余地は全くなかった」と憤る。   

 

政権が変われば、政府職員もごっそりと入れ替わりますね。だから仕事の能率が良いですね。      

 

>「私が知る限り、連邦政府では4月に20人以上が同じように辞職している」と明かした。   

 

‘すまじきものは宮仕え’ ですね。   

 

 

 

 

 


閲覧数37 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2024/05/12 21:01
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
のがさん
[一言]
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1214928