1,561万kW/2,118万kW (11/16 07:25)
73%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1200897
2018年11月02日(金) 

10/23 今朝は出発が9:00と遅いので宿泊地の猪苗代温泉のホテル周辺を散歩しました。表磐梯山を背景にしてコスモスとコキアの畑を撮りました。

 

 

 

福島県から栃木県に入って奥日光を目指します。日光には半世紀以上前に高校の修学旅行で訪れていますが殆ど覚えていません。いろは坂が上下線に分かれていたとか、華厳の滝に100mのエレベーターがあって滝壺付近まで近づけるのは当時でも可能だったのですね。

 

 

 

 

 

中禅寺湖で昼食にゆば料理を摂った後、湖畔を散策する頃には小雨の天気になりました。男体山も見えなくなりました。日光の奥に広がる戦場ヶ原は草紅葉です。こんな山奥で誰が戦ったのかと前から疑問に思っていましたが、人間ではなくて男体山の神・大蛇と赤城山の神・大百足が中禅寺湖をめぐって争ったそうです。

 

 

 

 

戦場ヶ原の奥には「湯滝」が落差50m以上で迫力がありました。竜頭の滝はもうひとつ。紅葉と重なると綺麗だったでしょうね。いろは坂を下って3泊目の鬼怒川温泉のホテルへ。

日本間の寝床は自分で敷く事になっていました。相当値切ったのかしら。

 

10/24 昨夜のうちに天候は回復して日光東照宮に向かう途中で男体山がよく見えました。

 

 

日光東照宮には朝早くに到着しましたが直ぐに観光客が増えました。専門ガイドの案内でした。平成の大改修が終えたとはいえまだ工事中の箇所もあり、修学旅行中の児童も多く雑然とした雰囲気でした。左甚五郎の「眠り猫」は2年前に約60年ぶりに修復されたそうですが20cm位の小さな彫り物ですね。

 

 

 

 

福島県との県境、那須高原がこのツアーの最後の紅葉場です。御用邸を過ぎて那須ゴンドラへ向かう道が意外と綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

ゴンドラの山頂駅は標高が1689mで、茶臼岳1915mには約1時間で行けるようですがガスと強風で見えませんでした。

 

今回のツアーでは正直言って紅葉真っ最中というところがありませんでした。平地ではまだまだでしたし山頂は既に終わっていました。難しいですね。

 

夕食は3日間とも和洋食のバイキングで、節制しなかったので体重が約2kgも増えてしまいました。幸い1週間ほどで戻りました。

 


閲覧数19 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/11/02 19:45
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
アトさん
[一言]
よろしく
■この日はどんな日
ほかの[ 11月02日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み