は2020/03/31で電力情報の提供を終了しております
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1204921
2020年02月16日(日) 
 “初めてアジア圏からのアカデミー賞作品賞受賞”とのことで どんな作品だろう?と興味津々。 私は、映画館に入ると 前半で8割り方 居眠りしてしまいます。「つかみ」が 面白くないと 体が反応してしまうのです。でも この作品は、最初から 目がパッチリ! いきなり出てきた 半地下生活の様子に 興味をひかれた からだと思います。

坂のずっと下の方にある半地下の窓から見える景色。 外を見ると 自分が底辺にいることを いやでも自覚してしまう。すごく印象的だったのは、トイレが 排水の関係で部屋の上部にあったこと。一体どうやって使うの?
そんな狭い部屋で 家族4人が肩寄せ合って生きている。 そんな家族と 次に出てくる 何もかもが違う金持ちの家庭との対比で ストーリーの舞台は整います。

4人の仕掛けが面白いように成功して 金持ち家庭に入り込むのですが、ここからのストーリー展開がスリルとサスペンス。一気に見せてくれます。ネタバレになるので ここらで ストップしますが、後半部分に凄い「落ち」があって、その巧みな演出センス・アイデアに、感服! 私は、たぶん その 「落ち」の部分が 作品賞に評価されたのではと思います。格差社会の縦の構図を見事に描ききった作品だと思いました。

ただ、後半部分の猟奇性ゆえ、爽やかな気分で 家路につけないことだけは 付け加えておきます。

閲覧数94 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2020/02/16 06:32
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
スカーレットさん
[一言]
UIFCの会員です。よろしく!
■この日はどんな日
ほかの[ 02月16日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み