1,482万kW/2,234万kW (06/17 21:55)
66%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=33583&year=2019&month=6
■2019年6月の書き込み
書き込み数は7件です。
2019年06月17日(月) 
6/15(土)神戸文化ホールまで ホワラビの 応援に行ってきました!
ラビッツ達は、なんと 特別賞の「ネクストブレイク賞」を頂き、応援に行った甲斐がありました。

ネクストブレイクとは、“将来性あり”と 評価して頂いたわけで 大変うれしい賞でした。

課題曲の「ドラえもん」では、ホワラビのちびちゃんのふたりのドラえもんが 現れたときは、会場のあちこちから「かわいい!!」という声! 観る者を笑顔にしてくれたパフォーマンスだったと思います。

私は、アイドルコンテストには、初めての応援参加でしたが、会場の熱量いっぱいの雰囲気が面白くて、とて

閲覧数20 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/06/17 05:47
公開範囲外部公開
2019年06月11日(火) 
江戸後期、木喰上人は全国遊行。人々を救おうと 61歳から 各地で仏像を

彫り始める。

84歳になると9か月かけて 四国霊場の88体の仏像を彫る。しかし、村人に

諍いがおこり、その88体は、売り払われてしまう。

自分の非力を痛感した木喰。 旅の中で、人々が本当に救われるには何が大

切なのかを問い直した。

「みな人の心を丸くまんまるに どこもかしこも丸くまん丸]

木喰は、人の心がまるくなるような仏を彫ろうと決意した。

大正時代、柳宗悦は、木喰仏に出合って心を揺さぶられ、全国を旅して木喰

仏を発掘。彼が民芸に目を向けるひとつのきっかけとなった

閲覧数21 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/06/11 12:27
公開範囲外部公開
2019年06月10日(月) 
☆彡6/9 交流戦 阪神4―3日本ハム

今年の阪神は、粘り強い! 3―3の9回。2死から高山、北條の連打のあと、

大腸がんから復活してきた原口がサヨナラ安打!苦労人三人衆が大活躍♡

原口 うれしかったやろうな! 感動したよ!! 

矢野監督の涙に 私までもらい泣き!

閲覧数38 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/06/10 00:42
公開範囲外部公開
2019年06月08日(土) 
快慶の生き方

運慶と快慶は、同門 慶派出身。ふたりがつくった南大門の仁王像は、同じ作風です。ところが その後 ふたりは 袂を分かつように 別の作風に変わっていきます。力強い運慶と穏やかな快慶。その違いは、何故生まれたのかとずっと疑問に思っていました。

その疑問が この番組を観て 氷解しました。当時の歴史背景が ふたりの生き方を分けたのでした。ふたりが生きた時代は、貴族の世から 武士の世に変わる戦乱の時期。南都焼き討ちでは、たくさんの僧侶や民の命が奪われ、また、伝染病もはやり(死者4万人) 人々の心は、荒廃していました。

運慶は

閲覧数32 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/06/08 17:42
公開範囲外部公開
2019年06月06日(木) 
ペール(仏)との第4戦も その粘り強さで勝利した。これも ほとんど 負けていた試合なのに よくぞ持ち直したものだ。でも 錦織の勝運もここまで。ジェレとペールとの2試合の死闘で 彼は体力を使い果たしていた。

第5戦の相手は、あの ナダルだ。彼の前で戦うには、全く精細を欠いた。私は、錦織戦で初めて 途中で寝ることにした。見るに忍びなかったから。

錦織は、4強に進むには、もっと 「省エネ」で 勝てる力をつけなければと思う。一番強い相手のときに 体力が残ってないなんて 話にならない。今後 この課題をどうクリアするだろうか。
錦織は まだまだ

閲覧数25 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/06/06 09:46
公開範囲外部公開
2019年06月02日(日) 
途中から 観始めたのだけど 結局、最後まで(1時a.m過ぎ)観てしまった。相手は、ラスロ・ジェレ(セルビア)23歳。錦織とプレースタイルが よく似ている。彼も粘り強く、コーナーを見事についてくる。第4セットを 4-6で落とした時、これで負けたなとあきらめた。私には、相手の方が 絶対的に優位に見えた。

でも ここまで 観たのだから もう少しがんばろうと思って、5セットも観ることにした。苦しい展開。しかし、ここから 錦織が驚異的な粘りを見せてくれて なんと勝利したのだ。観ていながらも 信じられなかった。4時間26分の死闘を制したのは、錦織だった

閲覧数34 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/06/02 20:05
公開範囲外部公開
2019年06月01日(土) 
5/25 UIFCイベントに参加しました。
「京は、都のあったところ。伝統文化の中心地であるから、職人さんが 全国各地から集まり、技を磨き 素晴しい工芸品が 生まれました。京は、日本中の伝統工芸品の基礎を培うところでした。

技術を身に着けた職人さんは、やがて 地方に帰り、日本全体の工芸品のレベルアップにつながったのです。
京の手作り文化の素晴らしさをじっくりと見てほしい。」
            (上野 かってに要約)

誇らしげに語るふれあい館スタッフの気迫に押されたからか 気もちがひきしまる思いがしました。参加者も ひとつひとつの工芸品

閲覧数33 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/06/01 06:04
公開範囲外部公開
■プロフィール
スカーレットさん
[一言]
UIFCの会員です。よろしく!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み