1,528万kW/2,113万kW (02/23 02:45)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1201672
2019年01月17日(木) 
あの伊能忠敬が 高齢(55歳~72歳)にもかかわらず なぜ1日平均40キロを歩き続け、17年かけて 日本地図を完成させることが できたのか。 NHKの「偉人たちの健康診断」では、その大きな理由として 「ナンバ」歩き」を取り上げていました(何とタイムリーな!)
 
「ナンバ歩きの利点は、上半身と下半身が同じ方向を向いて歩くため ひねりが生じない。だから 腰への負担  が少ない。 それに そっと 前に足を置く感じで 足の裏全体で着地するため、衝撃が分散され、膝を痛めにくい。」とのこと。

この歩き方は、着物で裾を開けずに歩く方法として最適。 でも 明治になって 洋装が入ってきて、自然消滅したと 番組では、分析していました。個人的には、学校教育の影響も大きかったのではないかと思います。「行進」や「走」の授業で 指導が入りますから。

「体にやさしい」(特に腰や膝)と聞き、番組の説明どおりに練習してみたのですが、なかなかできそうにありません。ちょっと 気恥ずかしいし、ギクシャクします。

もっとわかりやすい説明を探していて見つけたのがこれです。
「ナンバ歩きを 分かりやすくいうと ツッパリが ポケットに手を突っ込み、右手右足、左手左足を出す感じで 相手を威嚇する歩き方に似ている。」(笑)

ナールホド! すごく イメージが湧きました。今から、ツッパリになるのも 悪くないかも。


写真① 伊能の地図を広げると 1500畳あったそうです。

閲覧数114 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/01/17 14:24
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/01/17 17:06
    イアンさん
    日課の散歩でトライしてみようかな?
    でも、この歳で変わったことをしては、却って‘腰や膝を痛めるかな?’
    次項有
  • 2019/01/17 20:22
    確かに腰をひねらないので 体に優しい感じがします。でも問題は、腕です。ツッパリ歩きが 一番自然にできそうですよ! でも 手を出さないと 転んだ時 怖いですね。(汗)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
スカーレットさん
[一言]
UIFCの会員です。よろしく!
■この日はどんな日
ほかの[ 01月17日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み