は2019/03/26で電力情報の提供を終了しております
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1194952
2017年03月10日(金) 
 乱打戦になったキューバ戦と違って 昨日のオーストラリア戦は、中盤まで 1点を巡る重苦しい攻防戦になり、手に汗握りました。5回裏菅野のあとを受けてマウンドに上がったのは、岡田。小久保監督が彼の気持ちの強さを買ってジャパンに入れた選手。でもその岡田の様子がおかしい。ストライクが入らない。四球、暴投と大ピンチ。きっと 緊張が極まり、体がかちこちになっているんだろうな。
このままじゃ、押し出し? 球場の不安な雰囲気が伝わってきて、見ている私まで肩に力が入りました。

 その時、キャッチャーの小林が 間をとり、岡田のところへ駆け寄る。ほんの60秒ほどの間。
「自信をもって、ど真ん中へ投げてこい!」
岡田は、立ち直り、バックのゲッツーにも助けられて無失点でその場をしのぎました。
私は、心の底から ほっとし、バッテリーに拍手を送りました。
小林、よくぞ 間をとってあげた! その行動が どれほど 岡田を落ち着かせ、気持ちを入れ替えさせることに繋がったか!
そして 岡田 よく踏ん張った!

閲覧数625 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2017/03/10 09:04
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/03/10 16:47
    イアンさん
    勝った負けただけを見がちな私の観戦と違って、さすがスカーレット先生は見方が深い・・・教わった生徒達も幸せだったでしょうね。
    次項有
  • 2017/03/10 23:18
    自分が岡田になった気分で見てしまいました。私も数ある失敗をしていますから・・。そんなとき 一呼吸置かせてくれた 励ましの言葉は、どんなプレゼントより うれしかったと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
スカーレットさん
[一言]
UIFCの会員です。よろしく!
■この日はどんな日
ほかの[ 03月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み