1,835万kW/2,274万kW (09/16 19:05)
80%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1203696
2019年08月24日(土) 
 22日、南座に超歌舞伎を観にいきました。 最初は、観賞の仕方という時間があり、「大向う」(見得の時に屋号を叫ぶ)を自由にかけていいことや、ペンライトの使い方の説明があり、そして 盛り上げ方の実践練習までありました。

初めて超歌舞伎を観る人々のために 安心して観劇できるような配慮だったと思います。獅童さんたちは、ミクとの共演を通して 新しい歌舞伎の在り方を模索し、客と共に創る“参加型”の舞台を目指しているのだなと思いました。

その試みは、成功し、おとなしいといわれる京都の客(ほとんどシニアの客)が 興奮して ペンライトを振り、大声で叫ぶさまは、観ていて楽しかったです。ペンライトを持つだけで 一体感が持てるのですから 不思議です。

桜吹雪が舞い、初音ミクと並んだ獅童が「宙吊り」で登場したときは、会場のボルテージは最高潮でした

閲覧数33 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/08/24 01:17
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
スカーレットさん
[一言]
UIFCの会員です。よろしく!
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み