1,594万kW/2,208万kW (12/15 04:05)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1201156
2018年11月27日(火) 
今、考古学にはまっています。特に 1万五千年前の縄文時代のこと。縄文人のことを 調べていて いろんなことがわかり興味深かったです。
まず、身体の特徴です。今の日本人は、縄文人タイプと弥生人タイプに分かれます。

縄文タイプの人の顔は、えらが張っていて 横広い。眉毛は太く、髪の毛は、縮れ毛、目は、二重で大きく、鼻も高いです。 耳たぶは、大きく 耳の中は、湿っています。顔のシミもできやすかったようです。

縄文人は、口角を上げずに ウインクができます。(私は、できない。)縄文人は、いわゆるソース顔。 ちなみに 典型的な人をあげると 宇野昌磨が縄文タイプ、羽生弓弦が弥生タイプ。こういう特徴のある人は、縄文・弥生遺伝子を色濃く受け継いでいます。困ったことに 最近 人の顔をみるたびに 種分けしたくなって困ります(笑)


写真① 最近読んだ本
 ② 宇野昌磨・・縄文タイプ
 ③ 羽生弓弦・・弥生タイプ

閲覧数64 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/11/27 10:52
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/11/27 11:04
    mamedaさん
    オチが良かった!!!!!
    次項有
  • 2018/11/27 19:52
    mamedaさんのご家族は どうですか? 我が家は、見事に二手に分かれています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
スカーレットさん
[一言]
UIFCの会員です。よろしく!
■この日はどんな日
ほかの[ 11月27日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み