1,961万kW/2,432万kW (01/19 08:15)
80%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&cid=1
■日記の書き込み
書き込み数は696件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 70 ]
2019年01月13日(日) 
先日5日、今年も高校の友達と聖地にお雑煮をいただきに(おせち)行ったのですが車椅子に乗ったり歩きにくそうだったのでと・・・奥さんと神社にお詣りに行った時足腰守護のお札を受けてきたとさっき持ってきてくれました。実は、昨日美術館に行くため六地蔵駅から電車に乗ったのですが行きも帰りも(城陽行き)1番線昨年までほとんど感じなかった電車とホームの間に怖い思いをしました。長年JRに勤めた友達によるとカーブがあるためどうしても直せないとか。今のところ地下鉄は乗れるので京都駅に行くとき、行きだけ地下鉄を利用(2番線は大丈夫)やタクシーを・・・老人の悲し

閲覧数42 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/01/13 13:09
公開範囲外部公開
2019年01月12日(土) 
改装中の京都市美術館今年度のオープンを楽しみにしている私たちですが、その間にお正月のふさわしい所蔵展が今年も美術館「えき」で開かれています。昨年の「きもの美人」に続き今年は「花鳥風月」。会場に入ると櫻井忠剛の『梅花図』を見ます。未熟な私は初めての画家でしたが、武士の家に生まれ後に市長になり画家を引退した明治初期の人物とか。他に初めての人物も市美術館に所蔵していることになります。もちろん竹内栖鳳や堂本印象なども見ました。他におめでたい山鹿清華の婚礼用丸帯も印象に残りました。36点目の正月をしました。1月20日までです。本日の歩数

閲覧数49 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/01/12 22:18
公開範囲外部公開
2019年01月03日(木) 
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。お揃いで佳きお年をお迎えになったと思います。私のお元日、30日にヘルパーさんが作ってもらった雑煮で新年を祝ったあと、戴いた年賀状を丹念に拝見しました。。70前の私でもワクワクするひとときです。そのあと、例年通り許波多神社に初もうで台風で周りの小さなお社の屋根が飛んだと聞いたけどすべて新しい瓦に吹き替えられていました。43分並んで本殿のお参りができました。往復に時間はかかったけど清々しい思いで帰路につきました。2日は城南宮。昔竹田駅から城南宮のマイクロバスが出ていて正月に

閲覧数85 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2019/01/03 16:52
公開範囲外部公開
2018年12月28日(金) 
今月いろいろ用事や年末の掃除があったため久しぶりの更新となりました。お茶っとでは697回ですが郵貯クラブを入れるとこれだけになります。来年8月には数えで70歳、そして、母の死が平成21年1月なので独り暮らしもちょうど10年。皆さんのお陰でこんなにうまく生きられるとは夢にも思いませんでした。改めて皆さんに感謝です。ありがとうございました。実際歩きにくくなったため、又行動ものろくなったので今までように美術館巡りやブログ更新も難しくなるかもと考えております。でも、守護霊に支えられ新年号になっても自分の道を楽しく歩んでいきたいと思いま

閲覧数108 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2018/12/28 18:04
公開範囲外部公開
2018年12月16日(日) 
美術館「えき」に行きました。偶然昨日の15日は彼女の誕生日でした。一般に彼女の作品はパステル画、水彩画があまりにも有名ですが、14歳で洋画家の岡田三郎助に学び、多くの作品を描きましたが娘時代の戦争でほぼすべての作品を失ったといいます。そういう意味で彼女の反戦意識が強く戦後『原爆の図』の画家丸木位里俊夫妻とデッサンの腕を競ったり現在も健在の夫松本善明氏と政治活動もします。そして、60年代には水彩画の独特な画風を確立します。ここでは紙芝居、広告ポスター最後のコーナーでは絵本の原画と常に戦争はいけないと幼い子供でも理解できるように訴

閲覧数113 カテゴリ日記 コメント9 投稿日時2018/12/16 15:41
公開範囲外部公開
2018年12月07日(金) 
笠岡の西山巌さんが10月に亡くなったと喪中葉書を親戚の方から受け取りました。彼は私と同じ言語障害もある脳性麻痺のため生涯独身でしたが、小野竹喬画伯の孫弟子で作品『カラー』は私のお茶っ人の表紙にさせてもらっています、。手が動きにくくなった後年は文芸にも手を伸ばし、随筆、短歌俳句と私のお手本にさせてもらっていました。彼との付き合いは半世紀になります。又、先月には社会教育課に勤められていたKさん、彼との出会いは昭和59年悩んでいた私が市役所に「健常者と障害者がふれあえる場」がほしい相談したのが・・・その後、私が名前だけの代表になりボ

閲覧数92 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2018/12/07 16:01
公開範囲外部公開
2018年11月25日(日) 
泉屋博古館に行きました。東アジア蔬果図の系譜とついた今回、蔬(そ)は調べると古語でpcで出すのに苦労しました。みずみずしく新鮮な野菜、香り高く豊潤な果物日本でも多く描かれていますが、その歴史は古く16世紀、中国朝鮮にさかのぼります。今回の特徴はこの美術館だけではなく他の美術館から借りてきた作品が比較的多いと思いました。この中国朝鮮の流れが江戸後期に繋がっているとありました。私は住友家当主還暦祝いに贈られた『桃果図衝立』に心惹かれました。。今回のメインはなんと言っても呉春と伊藤若冲の『蔬菜図』の絵巻物でしょう。ともに京都で金座年寄職

閲覧数119 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2018/11/25 13:10
公開範囲外部公開
2018年11月18日(日) 
昨日、2時30分からコンサートホールであった演奏会、今回はロシア。グサズノフのバレエ音楽『四季』とボロディンの交響曲第2番をアレクサンドルラザレル氏指揮で演奏されました。彼はロシアの代表的な指揮者で日本フイルの首席を
8年務め京響には2回目だそうです。一般に「四季」というと私を含めヴィヴァルディを思い浮かべますが今回はロシアのバレエ音楽、酷寒の冬から始まり実り多き秋まで続きます。又、ボロディンはロシアの草原をイメージする作品で心の洗濯ができました。今回は友の会の特典で12時からゲネプロ公開に選ばれたので本番直前の緊迫した舞台が見

閲覧数116 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2018/11/18 10:29
公開範囲外部公開
2018年11月11日(日) 
先日開館した堂本印象美術館に行きました。立命館大前のバス停を降りると、大きな銀杏の木はすっかり黄色、秋本番の感じでした。深遠なる精神世界と副題がついた今回の展覧会、彼は明治29年生まれました。竹内栖鳳の画塾や京都市立絵画専門学校で学びます。会場に入ると昭和27年の『芍薬』や『桔梗』など花や野菜の作品を1つひとつ見ていると私の親友の西山巌さんを思っていました。小野竹喬画伯の孫弟子である西山さんいつだったか誕生日にプレゼントに貰った桔梗の色紙私の部屋に飾ってあります。徳岡は20代帝展に出品します。何度挑戦しても落選・・・ここでは大

閲覧数105 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/11/11 15:56
公開範囲外部公開
2018年11月03日(土) 
私のお遊びタイムの土曜日、先日から始まった秋の特別公開、いろいろ計画していましたが・・・・実は目玉番組メジロ押しの金曜8時の『フランス人がときめいた日本の美術館』が録画されていないことで気が付きました。その後、解説書片手にいろいろ試してみましたが、前の番組の「録画中」が消えないトラブルのようです。当然お気に入りの北島三郎の歌謡番組や『題名のない音楽会』の早朝番組も駄目でした。朝イチ上新に行きましたが、5年を6ヵ月過ぎてるためメーカーが実費で来るそうです。そして、さっきメーカーから月曜9時と電話がありました。つまり明日は誰も来ま

閲覧数114 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2018/11/03 16:17
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 70 ]
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み