1,640万kW/1,858万kW (10/27 18:10)
88%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/?key=31152&year=2010&month=3
■2010年3月の書き込み
書き込み数は5件です。
2010年03月30日(火) 
「おはようございますぅ、いつもの花、2本、おくれ」。「今日は早いなぁ、墓参りかぁ、行っといでぇ」。30日は父の月命日なので、ヘルパーさん午後の火曜日の今日は朝食後、銀行前の花屋さんに寄りました。掃除は母の月命日前後にいとこがやってくれるので、私からの菊2本と袋入りの菓子を少しだげ持って今日もバスを使わず歩きました。鬱陶しい日が続いた前日と違い晴天で気持ちよく幼稚園前の畑では、チューリップや水仙、菜の花など、とても綺麗でした。御蔵山てっぺんのお寺の桜は4分咲きぐらい、墓にはいとこが供えてくれた小花が枯れていたので菊と変え、墓にお水をや

閲覧数597 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2010/03/30 15:35
公開範囲外部公開
2010年03月21日(日) 
昨日、小ホールでありました。第1部は平安中期の関白藤原頼道の娘、寛子(かんこ)をテーマに語りから始まりました。天皇の妃になった寛子、王朝の雅の衣装を身に付けた六嶋由美子さんが寛子に仕えた下野から天皇亡きあと宇治の白川に金色院を建立し尼となって長命したことを90歳の寛子になりきって分かりやすく語られました。バックに流れる篠笛の井上真実さん、そして、AZUMAユニットのシンセサイザーは、語りをいっそう盛り上げていました。休憩をはさんだ第2部は2人による万葉の激しい恋を描いたオリジナル曲から始まり、『浜千鳥』や『惜別の歌』など素晴らしい抒情

閲覧数828 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2010/03/21 18:19
公開範囲外部公開
2010年03月14日(日) 
昨日、京都市役所前近くの本屋2階の音協で用事をすませ、市役所に行ってみました。そこでは、きものフォトコンテストと和を中心にしたフリーマーケットが開かれていました。本部で貰った赤丸シール3枚を甲乙つけ難い力作に張り付けると「今年」の豪華な日記帳を戴きました。何も買わなかったけれど観てるだけで楽しかったです。そこから文化博物館まで歩くことにしました。テレビの『お出かけ情報』で京の宿フェアをやってることが分かっていたからです。久しぶり歩くこの通りは店もだいぶ変わりびっくりしました。フェアではなかなか独りでは宿
に泊まれませんがチラシを

閲覧数623 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2010/03/14 11:06
公開範囲外部公開
2010年03月09日(火) 
生誕110周年年を記念して京都高島屋で開かれています。この催しは彼の一貫して流れる抒情性に焦点を合わせるため三章に分かれていました。東京美術学校在学中に描いた処女作『婦女坐像』から帝展など出品し画壇に新風を起こし秋野不矩らと日本画の改革に尽くした一章ヨーロッパに留学し、洋画の力強い雰囲気も取り入れた二章、心象風景が格調深く表現された未完の絶筆の三章まで、その間には『名の知らぬ雑草にも生きる力を感じる』、『絵は綺麗に書くだけでは駄目そこに心を入れてこそ作品は完成する』、『幼い時、詩人に憧れた、私は文字の代わりに色彩を埋め込んでいく』

閲覧数345 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/03/09 15:19
公開範囲外部公開
2010年03月01日(月) 
地下鉄醍醐駅4階の用事を済ませ平和堂で昼食を食べ時計を見ると1時前、4,5年前なら、歩く元気が、、、と思いながらタクシーに乗りました。行き先は醍醐寺、冬の旅初公開の霊宝館が醍醐寺を創建した聖宝理源大師1100年御遠忌を記念して何と昭和35年から50年ぶりに扉が開くとガイドブックにあったからです。入ったとたん、五重塔旧四天柱、平安時代創られた五重塔これは今まで1度も天災などにあわず日本最古の塔だけど50年前修理の際平安時代の真柱の一部が換えられ国宝の認定も受け大切にされてると説明を受けました。確かによく見ると平安時代の色彩が遺っ

閲覧数867 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2010/03/01 15:48
公開範囲外部公開
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み