1,479万kW/1,961万kW (10/20 09:25)
75%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1200098
2018年08月05日(日) 
先月から始まった夏の旅、冊子を見ていて「京のもう1つの花街島原」に目が止まりました。旧花街で元禄時代から芸妓太夫を抱え現在も営業している輪違屋とほんの近くのもてなす場で見事な建築が残っている角屋に決めました。まず輪違屋へ・・・芸妓が寝泊まりする置屋ここでお茶お花はもちろん俳句書など人間としてすべての教養を身につけます。近藤勇の書の屛風そして、2階道中傘の紙を張った襖のある「傘の間」本物の紅葉を塗り込んだ「紅葉の間」太夫の控室の「太夫の間」には打掛がありました。続いて角屋には大きな庫裏が印象に残りました。西郷隆盛が行水の時使用した盥や刀置き、松の間から眺める松は絶品でした。とても暑いでしたが大勢の人でした。9月30日までです。昨日の歩数8827歩
閲覧数111 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2018/08/05 16:27
公開範囲外部公開
コメント(5)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/08/05 19:10
    MIYUさん
     私も大昔見に行きました。
     貧しさゆえに売られたけれど才能にあふれプライドも高い人たちがいて幕末の志士たちと「本当の恋」をしたという話も伝わっていますね。その人生を思って心を揺さぶられたりしました。
    次項有
  • 2018/08/05 22:05
    9月末までですので・・・又行かれても・・・」
    次項有
  • 2018/08/08 11:36
    kata0133さん
    遅くなりました。お元気そうで何よりです。
    次項有
  • 2018/08/08 15:05
    セキュリティ強化のためお茶っととFBが連携できなくなったそうです。又覗いてください
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 08月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み