1,302万kW/2,024万kW (10/17 23:55)
64%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1203288
2019年07月14日(日) 
美術館「えき」KYOTOに行きました。今回は長野在住の長坂剛氏のコレクションのうちバロックを中心に58点が展示されていました。バロックとはポルトガル語で「歪んだ真珠」というそうですが、15世紀から16世紀のルネサンス期が青年期とすればバロックは17世紀壮年だとパネルにありました。最初のコーナーは宗教画。私はパンフレットにも使用されている『聖チエチリア』が印象に残りました。ピアノを弾く若い女性彼女は盲目で、ちょうど辻井伸行氏のようにどんな人間でも他人(ひと)を感動さすように神様は創られたと暗示される作品でした。パンフレットに書いているように決して教科書には載らない作品ですがみな素晴らしい作品でした。7月28日までです昨日の歩数3105歩



閲覧数139 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/07/14 16:15
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/07/16 10:50
    高橋 順子さん
    ~~~ヾ(^∇^)おはよございますー♪京都駅「えき」美術館ですか!
    「聖チエチリア」私の霊名です^^。亡き母が声楽科をでており私にその霊名をつけたらしいのですが私は高校ぐらいから声が悪くなり今では低い声、高い声もでずです^^。いろいろ学ばれて素敵ですね!
    次項有
  • 2019/07/16 13:56
    ありがとうございます。私は霊名のことはよくわかりませんが・・・・
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 07月14日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み