1,787万kW/2,067万kW (12/14 08:25)
86%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=1204080
2019年10月20日(日) 
美術館「えき」KYOTOに行きました。人間はなぜ神話の世界に惹かれるのでしょうか。その答えとして、会場入口に神に庇護されている人間という言葉が出てきますがギリシャローマ神話はルネサンス期以降宮廷などを飾る美術品として繁栄します。ここでは18世紀から20世紀までの情景を表した絵画彫刻版画。コローロダンルノワール、ローランサン、ピカソ・・・私はフレテリックレイトンの『月桂冠を編む』が印象に残りました。そして、ポーラ美術館蔵ルノワールの『水のなかの裸婦』が久しぶり見られたのはラッキーでした。11月17日までです。昨日の歩数6943歩
閲覧数112 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/10/20 15:38
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/10/20 19:42
    まだありますね。1ヶ月先まで。。。よしよし。情報ありがとうございます。
    次項有
  • 2019/10/25 09:42
    高橋 順子さん
    おはようございます!ギリシャ神話の世界!好きですぅ^^
    一度足を運んでみたいです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 10月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み