1,443万kW/1,939万kW (10/21 21:15)
74%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://www.sns.ochatt.jp/blog/blog.php?key=873077
2011年09月18日(日) 
先日から京都美術館で始まった美術展に昨日行ってきました。銀行家で実業家のアンドリュー・メロンの呼びかけで1941年設立された美術館、開館70年の大改修の間に約83点が京都に来て、50点が日本初公開とか。空前絶後は決してオーバーでないと資料にあります。まず、印象派以前のブータンの『オンフルーの港の祭』など、ブータンは印象派であまりにも有名なルノアールやモネなどに風景や波、それにかかわる光線を教えた人物と、ガイドは言っていました。第2章は2人に加えドガやピサロの印象派、実は私の部屋には、全13巻の美術本がありますが、ほとんどが、写真で見覚えのある作品、それに加え、家族もからんで、画家の人間関係、ナビゲーターの解説に思わず、笑ってしまいまいました。第3章は、紙の上の印象派、1800年代の後期、写真機の発明で写真と絵画の違いを見せるためゼッサンなどの手法が流行ったといいます。そして、第4章は、ポスト印象派、、ゴーギャン、ゴッホなど、心の病をやんで、自分の耳を切り落としたゴッホ、最晩年の『薔薇』、自殺直前に描いたとされる、『自画像』あまりにも、有名な出口付近の2作、私はすっかり釘づけになりました。今回の催し、美術の流れを知る上でうまく構成してると思いました。





閲覧数727 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2011/09/18 13:57
公開範囲外部公開
コメント(5)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/09/18 14:42
    とてもわかりやすい解説、ありがとうございます。
    いつも、美術館、博物館見学された日記、読ませていただいて、行きたいなあと思いつつ実現しません。

    たかしさんの行動力に感服しています。
    次項有
  • 2011/09/18 16:26
    コメント有難うございます。11月までありますので、是非行ってみてください。
    次項有
  • 2011/09/19 15:29
    うきさん
    こはたノたかしさん こんにちは。

    美術館のご案内、ありがとうございます。
    いつも楽しく拝見しています~♪♪

    もう10年ほど前になりますが、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展が岡崎の市美でありましたよね。
    あのときの宣伝ポスターはモネの「日傘の女」でした。
    わたしはモネが好きなので、あのポスター買って今もそのポスター飾ってます(たしか1000yenでした(^_^))
    ポスターも売り切れになったりするんですよね。
    次項有
  • 2011/09/19 20:28
    大仏さん
    今晩は

    こはたノたかしさん

    緻密な文章の力が読んでいる人にしっかり伝わる事が

    たかしさんに凄さを感じています。

    親鸞聖人さまの時も同じ気持ちでしたが、分かり易くて

    嬉しく拝見しています。
    ありがとうございます。

    いわきに行く前に友が娘の作品が入選したので又良かったら
    見てあげて下さいと。

    赤ちゃんの時から知っていますので~
    喜んで足を伸ばしています。
    特選に何度か選ばれています。楽しみな一人です。、
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
こはたノたかしさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 09月18日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み